昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

AV出演のギャラ2000万円は借金返済で消え…“離婚騒動”坂口杏里のお騒がせ人生

 今年6月、元女性の格闘家と交際12日でスピード結婚した坂口杏里(31)に、離婚騒動が勃発した。

「8月15日に杏里が『離婚が成立した』とインスタグラムで発表すると、3日後に夫が『書類を出していないので離婚はしていない』と反論。杏里は夫のモラハラや、貸したという40万円を巡る金銭トラブルを主張しています」(芸能記者)

坂口杏里

 杏里の母は、2013年に57歳で亡くなった女優の坂口良子。

「夫は“地上げの神様”と呼ばれた不動産業者だったが、バブル崩壊で会社が倒産し離婚。連帯保証人として40億円の借金を負うも、杏里を祖母に預けて仕事に励み、返済した」(同前)

通信簿は体育以外ほとんど1

 杏里は小学校から成城学園に通うも内部進学できず、高校から堀越に入る。

「通信簿は体育以外ほとんど1で、友達に『ジャニーズの子を紹介して』と頼んでいたとか」(芸能デスク)

 17歳でデビューした際には母が全面的にサポート。

「バラエティにも一緒に出演し、俳優仲間に『娘をよろしく』と頭を下げていた。子育てできなかった罪滅ぼしにも見えました」(同前)

“おバカ”タレントとして人気が出始めた頃から、母はプロゴルファーの尾崎健夫との交際を本格化する。

「『ママが取られる』と再婚に反対する杏里の気持ちを汲み、事実婚状態でしたが、大腸ガンで亡くなる半年前に入籍。母の再婚と死にショックを受けた杏里は、相談に乗りたいという健夫の申し出を拒否し、今も絶縁状態です」(女性誌記者)

z