昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サラリーマンが“収入全振り”で高級アメ車を痛車化した理由…「バカにしてくるヤツらを黙らせてやろうと思って」

唯我独尊! 魔改造輸入車 #2

2022/09/17

 ガソリン爆食い、パーツは逐一海外から……輸入車カスタムのハードルは、国産のそれに比べて著しく高い。それでもコスト度外視で外車をイジり倒す、ブッ飛んだオーナーたちの実態に迫る!

 今回は憧れの車を痛車化した「ウメ」さんをご紹介。

小学生の頃から憧れたバイパーを……

 痛車に乗りはじめたのは8年くらい前のことで、当時はスカイラインに乗っていました。好きなキャラを車で推すのは、自分にとっては自然なことでしたね。

憧れの車に好きなキャラを描くことには一切抵抗がなかったという「ウメ」さん

 でもやっぱり、痛車乗りは世間から「キモオタがイキリやがって」みたいな目を向けられるので、そういう風潮に逆らいたい気持ちがあります。スカイラインの時には「バカにしてくるヤツらを絶対に黙らせてやろう」と思って、痛車にする前にまず車をバチバチにカスタムしたんですよ。400万円くらいかけて仕上げてから、満を持して痛車にしましたね。

星条旗カラーの痛車に仕上げられたダッジ・バイパー

 バイパーに乗りはじめたのは6~7年前ですが、痛車にしたのは去年の末です。これもすぐに痛車にしたかったのですが、事故の関係でしばらく外装に手を付けられなかったんですよね。ちょうど目処がたった頃にイベントがあったので、それを機に一気に痛車にしたんです。

 デザインは見ての通り星条旗をモチーフにしたカラーリングですが、実際のところ、ぼく自身は特段アメリカが好きなわけではありません。

描かれるのは「プリンセスコネクト!Re:Dive」というゲームに登場する「ペコリーヌ」

 もともと赤から青に塗り替える予定で、ホイールだけ先に青くしたところで事故に遭い、保険の関係で赤のままになってしまって。それで、デザイナーさんに配色について相談した結果、「星条旗カラーにするしかない」ということになったんです。

 車もアメ車好きというよりは、バイパーが好きなんですよ。小学校の頃、ダイキャストモデルのバイパーに一目惚れして。その後、20代になって知り合った方のバイパーに乗せてもらい、「自分もいつか買ってやる」と決心したんですよね。

普段はサラリーマンをしており「収入は車に全振り」だという

 なんとか購入までは漕ぎつけましたが、自分は普通の会社員ですから、正直これを維持するだけでもかなりシンドイですね。22年落ちの8リッターなので、自動車税も一番高い額ですし。普段の足に別の車も持っていて、収入はもう車に全振りって感じですね。

 実家暮らしだから成り立つ趣味なので、親には感謝ですね。これは冗談ですけど、いっそのこと、死ぬまでスネかじってやろうかなとも思います。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z