昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ロゴも店内もパクリだらけ…ロシアに誕生した“偽スタバ”に潜入! ナゾの新メニュー「野いちごの粥」が激甘すぎた

 今年3月、ロシアのウクライナ侵攻を受け、米・スターバックスが同国に展開していた全130店舗を閉鎖。5月には完全撤退を発表し、2007年に上陸して以来、15年の歴史に幕を下ろしたかに思われた。ところが――。

 8月18日、「スターズ・コーヒー(Stars Coffee)」なる“ロシア版スタバ”が突如モスクワ市内に出現したのである。

“ロシア版スタバ”ノーヴィ・アルバートの店舗には行列ができた

「レストラン経営を手掛ける実業家のアントン・ピンスキー氏と“ティマティ”の名で知られるロシア人ラッパーのティムール・ユヌソフ氏が、国内のスターバックスを買収したのです。7月中旬から着手し、8月9日に新名称の登録を申請。本格的にオープンしたのは、8月19日でした。今後は、9月中に200店舗オープンさせる予定だそうです」(ロシア大手通信社記者)

 現地から届けられた写真にも店前に行列が出来ているのが分かる。店内も若い世代から大人まで大変な盛況ぶりだ。

ロシア人が「スタバ好き」である2つの理由

 そもそもロシアで人気を博していたという元祖・スターバックス。大きく2つの理由があったという。モスクワのノーヴィ・アルバートに完成した“ロシア版スタバ”1号店も訪れた近隣に住むドミトリー氏(24)が振り返る。

「まず、店内で仕事ができるという点です。ロシアには1990年代からコーヒーを飲むための喫茶店はありましたが、ラジオが大音量で流れているなど何か作業をする場所としては向いていませんでした。

そっくりな店内には若い客が目立つ

 もう一つは、カップに名前を書き込んでくれるサービスが大変喜ばれたことです。ソ連時代から長らくロシアでは、“フレンドリー”や“サービス精神”という概念とは無縁の店が多かった。当時、笑顔で対応し、カップにメッセージを書き込んでくれるスターバックスの店員には驚いたものです。スターズ・コーヒーになった今でも、客の名前を書くサービスは続ける方針だそうです」

z