昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

狙うは「フィンランドの王冠」…80年代に大ヒットした北欧コメディのリブート 「ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブル」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 スウェーデン随一の金庫破りの腕を持つシッカン(ヘンリック・ドーシン)、強気なドリス(ヘダ・スターンステット)とのんき者のハリィ(ダーヴィド・スンディン)の夫婦、気弱なラグナル(アンダース・ヨハンソン)の4人組は、抜群のチームワークを誇る窃盗団だ。

 運悪く捕まってしまったシッカンが刑期を終えて出所すると、仲間たちは足を洗う決意を固めていた。仕方なく、次の盗みは1人で行うことに。狙うは「フィンランドの王冠」――。その頃、謎の大富豪やフィンランドの王座を夢見る者たちも、この王冠を手に入れようと動き出していた。

〈解説〉

 スウェーデンで国民的人気の「イェンソン一味」シリーズが原案のクライムコメディ。監督・脚本は『裏切りのサーカス』のトーマス・アルフレッドソン。122分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆品よくカラフルな画面作りや邪気のない人物造型は楽しいが、話の性質上、もっとハラハラする場面があってもよかった。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆乱暴狼藉を働かないおとぼけ犯罪映画は歓迎したいが、監督のコメディ感覚が鈍くて笑えない。間腐れの場面が多すぎる。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆驚くほどアナログな手段で盗む場面が微笑ましい。犯罪映画というより御伽噺のような。ラストは彼ら同様にたまげた。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆レトロなケイパー物をわちゃわちゃしたノリで仕上げた人懐っこい北欧喜劇。渋い作風のイメージがあった監督の新境地。

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆80年代に大ヒットした北欧コメディ「イェンソン一味」のリブートだが、その居心地の良さを活かしても謎の散漫さ。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
© FLX FEATURE AB. ALL RIGHTS RESERVED

『ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブル』(スウェーデン)
kino cinéma横浜みなとみらいほか全国順次公開中
https://movie.kinocinema.jp/works/thejonssongang/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z