昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新人で36勝 今村聖奈18歳を育てた競馬新聞と“チャリ通”

「晩御飯の食卓で『本当に騎手になりたいんか?』と尋ねたら、『やってみたい』と初めて明確に意思表示したんです。妻は事前に気持ちを聞いていたようでしたが(笑)。あの子が中学1年になる時でした」

 そう語るのは、元JRA騎手で現在は調教助手の今村康成さん。競馬界の歴史を次々塗り替えるシンデレラ、今村聖奈(18)の父親だ。

笑顔とは裏腹に負けん気も強いという

◆ ◆ ◆

いつも外で男の子に混じって遊ぶ活発な子だった

 今年3月にデビューした新人騎手・今村の勢いが止まらない。競馬リポーターの大恵陽子氏が解説する。

「7月3日のCBC賞で逃げ切り勝ちを収め、重賞初騎乗初制覇を果たした。8月20日には通算31勝目を挙げ、GⅠ騎乗の条件をクリアしました。現行規定の96年以降では、三浦皇成、福永祐一に次ぎ史上3番目のスピード。8月29日現在、36勝を挙げており、女性騎手の先輩・藤田菜七子の5勝を大きく上回っています」

センパイの福永祐一
センパイの藤田菜七子

 今村は2003年11月生まれ。一体、どのようにして育ってきたのか。

 康成さんが振り返る。

「聖奈は4人きょうだいの長女。小さな頃から家でジッとしていることがなく、いつも外で男の子に混じって遊ぶ活発な子でしたね」

 騎手だった父の影響で乗馬を始めた今村。康成さんが所属する厩舎の飯田祐史調教師が証言する。

「彼女が小5か小6だった頃、トレセン(栗東トレーニングセンター)での乗馬を見たんですが、『うまいな』と。我々の世界で『鞍ハマり』と言うんですが、パッとまたがった時のバランスが良かったですね」

3年間の修業を終え、騎手デビューを果たす

 そんな今村が父の背中を追いかけるのは、自然なことだった。だが、決して女性に優しい世界ではない。

「でも、意志は強かったですね。実際、将来を見据え、中学の頃から走りこんでいた。放課後は栗東の厩舎まで来て、帰りはトレーニングになるからと自転車で30分以上かけて帰宅していました」(康成さん)

 中学卒業後の19年、競馬学校に入学。実習期間中は誰より早く厩舎に寄っては、馬に乗っていたという。3年間の修業を終え、騎手デビューを果たした。

 今村が所属する厩舎の寺島良調教師が言う。

「女性騎手はどうしても腰高になりがちですが、彼女は違う。下半身がしっかりしていて、安定感があります。腕も太腿も僕より太いくらいですから」

z