昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本を出すだけで5000万」「理3に合格させれば1000万」現役東大生が明かした「東大ブランド」で大金を集める方法

『ビジネスとしての東大受験 億を稼ぐ悪の受験ハック』 #2

2022/09/20

「東大のブランドを使えば、大金を集められる」というのは、現役東大生にして受験コンサルタントの黒田将臣氏。やり方によっては、数千万円という大金をつかむチャンスも。

 その詳しい方法を、黒田氏の新刊『ビジネスとしての東大受験 億を稼ぐ悪の受験ハック』より一部抜粋・再構成してお届けする。(全2回の2回目/前編を読む)

「東大ブランド」をもとに大金を集める方法とは? 写真はイメージです ©iStock.com

◆◆◆

東大のイメージで稼ぐ方法

 まずは1つ目、東大の「頭がいい」というイメージを使ってどれだけ稼げるかを暴露してしまいましょう。

 先ほどもテレビやYouTube、書籍などで勉強法を売り出す東大タレントの名前を挙げましたが、僕が所属する会社の代表を務める西岡壱誠がどのようなビジネスモデルで活動しているかを見ていきましょう。

 彼は自らの大学受験で培ったノウハウをもとに、2018年に出版した読書術の本『東大読書』で20万部を売り上げ、さらに翌年の2019年には東大ブランドを使って1年間で9冊もの本を出しました。

20万部売れた『東大読書』(写真:東洋経済新報社 公式サイトより)


 これがどれくらいのお金になっているか、ざっくりした概算を出してみるとこうなります。

『東大読書』の20万部に加え、ヒット作のおかげで西岡壱誠という著者が有名になり、同じ西岡さんの別の著書も注目度が上がって1冊あたりおよそ1万部程度売れました。10冊合計で約30万部です。

 ビジネス書の定価が1冊およそ1500円、印税率が10%なので、30万部×1500円×10%=4500万円の収入になります。これに電子書籍の印税が加わるとだいたい5000万円です。

「東大生は頭がいい」というイメージを活かし、東大生という賢い人間が実践している読書術を本にすることで、5000万円の儲けが出るのです。

 東大の頭の良さというパブリックイメージがどれだけお金につながるか、これでご理解いただけたのではないでしょうか。

 もっとも、それは西岡壱誠が特殊な文章の才能を持っていただけじゃないか、と思う人もいるかもしれません。

 しかし、それは違います。勉強術の本は常に一定のニーズがありますし、特に今は、東大関係の書籍はニーズが高まっています。あなたが東大生として「東大に受かったノウハウをまとめた勉強法の本を出したいです」と出版社に持ち込みに行ったら、話を聞いてくれる出版社が必ず見つかるはずです。

 書籍で何十万部というベストセラーを狙って出すことは簡単ではありませんが、東大生というだけで出版デビューのハードルはぐっと下がります。頑張って宣伝をすれば1万部くらい売れて、100~150万円程度の印税を得ることも夢ではありません。

z