昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フランス移住の杏 母の借金、東出の不倫を乗り越えて…「やり残したこと」とは?

「フランスでやり残したことがあるんだ」

 女優・杏(36)は、そんな胸の内を、以前から知人に明かしていたという。

◆ ◆ ◆

子どもの小学校入学に合わせてフランスへ移住

 杏がフランスへ移住することを公表したのは、8月28日のYouTubeチャンネル。父親の渡辺謙が初登場し、杏は「行ったり来たりじゃないけど、2つのお家を持つみたいな感じ」と、明かしたのだった。

父と動画で共演(杏のYouTubeチャンネルより)

 では、なぜ8月に発表したのかというと、

「杏には元夫・東出昌大との間に生まれた今年6歳になった双子の女児と5歳になる男児がいます。フランスは6歳になる年の9月に小学校へ入学する。そのため8月中旬に家族4人で、愛犬を連れ、パリに渡ったのです」(スポーツ紙デスク)

今は山で1人暮らす東出

フランスのベビーシッターや学費は高くない?

 7月期のドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)や来年公開予定の『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』にも出演。引っ張りだこの彼女だけに、気になるのが今後の仕事だ。

「映画やドラマなどの撮影があれば、できるだけ子どもの休暇に合わせて帰国する予定です」(前出・知人)

長野県在住の渡辺

 異国の地で3人の子どもを1人で育てるのは、簡単ではなさそうだが、

「前から『ワンオペ育児なんて無理だから(笑)。助けて貰わないと』と語っていた。現地の友人やベビーシッターを雇うなど、周囲の助けを借りたりするようです。フランスのベビーシッターの相場は時給8〜17ユーロ。日本円で約1000円から2000円程度と、決して高くないようですし」(同前)

 海外の学校と言えば学費が高いイメージがあるが、フランスはそうでもない。

「日本人向け保育園や幼稚園は年間10万円前後の費用。日本人学校は年55万円ほどですが、フランス人が通う学校で日本人向けの授業も行っているところは、年14万円程度の学費です」(現地在住ライター)

z