昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

母が宗教にのめり込み約2億円の借金をした過去

 いずれにせよ、杏は女優業以外にも三菱電機などCM6本を抱える超売れっ子。収入面での不安はない。

「CMのギャラは1本4000万円クラスです。さらに昨年11月にYouTubeチャンネルを開設し、1年足らずで登録者数90万人を超えた。一般的に月の広告収益は、登録者数×10円が目安だとされています」(広告代理店社長)

 移住の理由を、杏はインスタグラムで「全く違う場所で生活してみるというチャレンジを、人生一度きり、やってみたいと思ってもいました」と綴った。ただ前出の知人によれば、「理由は他にもある」という。

 それは彼女が10代の頃にまで遡る。杏は01年、15歳でモデルデビュー。『non-no』専属モデルとして活躍していた。だがその裏で、母は宗教にのめり込んでいた。02年、杏の同級生の親などから約2億円の借金をし、宗教団体に2億5000万円を振り込んだことが発覚したのだ。

「杏はやむなく高校を中退します。そして昼はモデル、夜は飲食店で働き、借金を返していた」(前出・知人)

 

杏が”やり残したこと”とは

 05年、19歳でパリへ渡る。パリコレに出られることになったのだ。

「杏はホームステイをして、パリコレに出演していた。映画のオーディションも受けていました。その時は流石に言葉の壁があり、無理だったようですが」(同前)

 ただ母の借金のこともあり、数カ月の滞在で帰国せざるを得なかったという。

「そのため彼女は、『フランスで語学やファッションの勉強をやり直したい』とよく言っていた。やり残したことは、フランス留学の続きなんです」(同前)

 フランス映画界で彼女を見る日も近いかも。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z