昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「家から離れられるなら」夜遊び、万引き、くつ下の売却も…補導された女子高校生に向けられた“絶望的な一言”

『私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記』より#5

2022/10/21
©水谷緑/文藝春秋
©水谷緑/文藝春秋

 統合失調症の母、家庭に無関心な父、特別扱いされる弟、 認知症の祖父――ゆいは幼稚園のころから、買い物・料理・ そうじ・洗濯など家族の世話を一手に担っている。

私だけ年を取っているみたいだ。ヤングケアラーの再生日記』(水谷緑 著)は、子ども時代に大人が担うはずの家事や介護・看病を日常的に行ってきた「ヤングケアラー」当事者から聞いたエピソードを、「ゆい」という1人の少女の体験としてまとめた実録コミックだ。

 ここではゆいの高校生時代を描く第5話を紹介する。(全6話の5話目/1話から読む

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

ライフスタイル出版をフォロー