文春オンライン
iPhone 14、iPhone 13、そしてiPhone SE──失敗したくない人のためのiPhoneの選び方

iPhone 14、iPhone 13、そしてiPhone SE──失敗したくない人のためのiPhoneの選び方

2022/10/14
note

2:カメラ──日々の撮影を楽しみたければSEはキツい?

 iPhoneのカメラは、製品のグレードの違いが如実に出る部分です。上位のProモデルはメインカメラに加えて望遠、超広角という計3つのレンズを搭載していますが、iPhone 14とiPhone 13はメインカメラと超広角という2レンズ構成、さらにiPhone SEはメインカメラのみで、ほかの製品にはどうしても見劣りします。

 またiPhone 14やiPhone 13は、ナイトモードやシネマティックモードなどの詳細な撮影モードを搭載していますが、iPhone SEはそれらは非搭載です。メモ用途で使うのならば問題ありませんが、日常のさまざまなシチュエーションで撮影を楽しむには、やや力不足です。長く使っていると不満が出てくることでしょう。

 ちなみにiPhone 13は、レンズの構成自体はiPhone 14と同じですが、iPhone 14は歩きながら動画を撮影した時に手ブレを防ぐアクションモードに対応していますので、動画を撮る機会が多い人はiPhone 14のほうがおすすめです。

ADVERTISEMENT

iPhone 14とiPhone 13は0.5倍(超広角)での撮影に対応するほか、ナイトモードにも対応しています。ちなみにiPhone 14のほうがiPhone 13より明るいレンズを採用しています
iPhone SEは等倍率のみで光学ズームはなし。またナイトモードもなく暗所での撮影も苦手です

 もっともiPhoneでの撮影を極めるならば前述のProモデルという選択肢もあるだけに、予算との兼ね合いでなかなか悩ましいところです。