文春オンライン

≪独白90分≫僕が「岡田健史」ではなく「水上恒司」として新たなチャレンジをするワケ

水上恒司特別インタビュー#1

2022/11/05

 2018年の大ヒットドラマ『中学聖日記』でデビューし、瞬く間にお茶の間を席巻したあの日から約4年。気鋭の俳優はなぜ今、敢えて本名を名乗り新たな道を進み始めたのか――。(全3回のうち1回目/#2#3を読む)

 

◆◆◆

名前を変えることを決めたのは……

――9月1日から水上恒司として活動をリスタートしました。新しい挑戦が始まったことに対する今のお気持ちはいかがでしょうか?

水上:なかなか前例もないことですし、はじめは不安もありました。でも今はそんなに心配も無いです。むしろ新しいチームのみんなが、役のことをちゃんと考えられる環境を作ってくれているので、本当にありがたく思っています。ご心配をおかけしたファンの方々にも新しい僕の姿を思ったより早くお見せすることができそうで、今は不安や心配よりも楽しみしかないです。

――「岡田健史」さんのお名前から、本名の「水上恒司」さんに戻されたのは、ご自身の判断ですか?

水上:そうです。新しくスタートを切る際、前の名前ではなく、僕の本名「水上恒司」で歩き始めると自分で決めました。もちろん色々な方に相談をしましたよ。でも考えて考えて最終的に決めたのは僕自身です。

――今まで「岡田健史」として馴染んできたファンやスタッフ、周囲の方が名前を変えることでデビューから培ってきたものが崩れてしまうような、または驚かせてしまうような気持ちはありましたか?

水上:うーん……ないことはないですね……。混乱する方もいらっしゃるでしょうし、ファンの方々を驚かせてしまうかもしれない、と思いました。今の現場も「岡田健史」としてご一緒した方がいらして、それなのに「水上」って呼ぶのは大変だろうな、慣れなくて申し訳ないな、と思う気持ちはもちろんあります。

 

 でも、周囲の方々に気を使うためだけに「岡田」の名前を継ぐ必要があるのかな、と考えたらどうしてもその必要性が感じられなくて……。かつての名前にそこまで固執することはない、と思ったんです。

 先のことは分かりませんが、ここから何十年も役者をすると仮定すると、今ここで変えるのはある意味、チャンスだと思いました。たしかにイメージとか、勿体ないとアドバイスして下さる方もいらっしゃいましたけれど……。