昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「和田さんが死んじゃったから、今はどん底です」平野レミが未亡人になって気づいた「料理の力」

「日本一チャーミングな料理愛好家」の肖像 #3

2022/11/06

「和田さんが死んじゃったから、今はどん底です。これまで本当に楽しく生きてきたけど、なんとか這い上がって、這い上がって、這い上がって、生きています」

 2019年、パートナーの和田誠さんに先立たれた平野レミさん。最愛の人を失ったからこそ気づけた「料理の力」とは?(全3回の3回目/#1#2を読む)

最愛の人・和田誠さんを失ってはや3年。平野レミさんは今、何を思うのか?

◆◆◆

夢なんて持たなくていい

――料理愛好家として、これからのお話を聞きたいのですが。

レミ 夢なんて、絶対持っちゃいけない。私は、夢はキライなんです。抱負も、大キライ。だって、夢を持ったとして、叶わなかったらイヤだから。しかも、たいてい夢なんて叶わないんだから。

 最近思うのは、その時、その時、与えられたことの中で、できそうなものをやるということ。ずっと続けて年齢を重ねると、振り返った時に「これが私の抱負だったんだ」とわかる。

――目の前の、求められているものに全力で応えていると、それが「夢」であり「抱負」になっている。

レミ それだけ! だから、夢は小さいの、私。大きな夢なんか何もなくて、与えられたことをコツコツ丁寧にやっていく。安くおいしくみんなに食べてもらえるレシピを考えて、その料理を誰かが作って、喜んでくれている人がいると思うと、すごく嬉しい。それだけで十分なんです。

 そして食べてくれる人の表情が、答案用紙。おいしそうにしていたら、やったね!って。

「人にどう思われようと人と比較しない」

――とはいえ子供にとって、「大きくなったら何になるか」というのは鉄板の質問です。そういう時、どう考えていましたか。

レミ 子どもの頃は、ハッキリした夢はなくても、漠然と、みんなとは少し違う道を行くんじゃないかなとは思っていました。

――人は人。

レミ 人は人、自分は自分。人のことなんて、基本どうだっていいんです。無関心なの。悪い人間じゃないとは思うんだけど(笑)、私、冷たい人間かもしれない。

 でも人のことを気にしても、いいことなんて何もないですよね。私は、どんな大金持ちやどんな美人に会ったとしても、平気。誰かを羨ましいと思ったことがありません。

――子どもの頃からそうですか?