昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

購入直後のヌルサク感が復活!? Windowsの純正無料メンテツール「PC Manager」を試してみると…

2022/11/18

 Windowsを長期間利用していると、さまざまなジャンクファイルが蓄積され、動作速度に影響を与えたり、ストレージの容量を圧迫するようになります。Windows 11では「ストレージセンサー」という機能が搭載され、一時ファイルを自動削除してくれるようになりましたが、これをオンにしていても、数週間経つと何GBもの不要ファイルが貯まってしまいます。

 このほかWindowsでは、不要なプログラムがスタートアップに登録されているせいで、Windowsの起動が遅くなっていることもしばしばです。知識があればこうした設定の変更は自力で行えますが、初心者が下手にいじると、Windowsの機能が正常に動かなくなる危険もあります。またこうした設定画面はひとつにまとまっているわけではないため、定期チェックするにしても、どうしても見落としは発生しがちです。

 こうしたWindows全般のメンテナンスを簡単に行うためのツール「PC Manager」のパブリックベータ版が、Microsoftからリリースされました。Windows 10以降であれば無料で使えるこの「PC Manager」について、今回はその特徴と使い方、そして実際にどのくらいの効果があるのかを紹介します。

「PC Manager」。Windows 11のほか、Windows 10にも対応します
https://pcmanager.microsoft.com/en

クリックするだけでWindowsのメンテナンスが!

「PC Manager」は、2022年11月現在、パブリックベータ版として無料公開されています。まだ日本語化はされていませんが、少し前までは中国語版のみだったところ英語版が追加されたことで、利用のハードルはぐんと低くなりました。

 ホームページからプログラムをダウンロードし、インストールを終えて起動すると、Windowsのデスクトップ画面の右下、タスクバーコーナー付近に、メニューが並ぶホーム画面が表示されますので、その中から必要な機能を選んで実行します。全ツールを順番に実行するウィザードのようなものはなく、個別に実行する仕組みです。

「PC Manager」ホーム画面。日本語化はされていませんが、何が書いてあるかは英語が苦手な人でもおおむね理解できるはずです