文春オンライン

ダイエット十人十色

「デパートの便器やバスタブを割ることもあった」…体重198キロだった安田大サーカスHIRO(45)が語る、痩せて一番良かったこと

「デパートの便器やバスタブを割ることもあった」…体重198キロだった安田大サーカスHIRO(45)が語る、痩せて一番良かったこと

安田大サーカスHIROインタビュー#2

2022/11/26

genre : エンタメ, 芸能

note

HIRO 味覚が変わって、野菜が好きになった影響です。食べておいしいと思った野菜を自分で育てたら、さらにおいしいんちゃうかっていう。いま、大根、白菜、キャベツをやってます。ほんで、焼き肉に行ってもご飯は食べないようにしてます。まず肉でお腹を膨らませて、炭水化物を食べるのをやめておく。

 腹八分目じゃなく、腹五分目で済ませてますね。でも、ダイエット前の半分くらいの量は食べているので多いことは多いんですよ。なんで、体重は増えていってるんですけど(笑)。

野菜を育てるHIROさん

中古物件を購入し、DIYで改装

ーーウォーキングは続けられていますか。

ADVERTISEMENT

HIRO 痩せたら、ピタッと歩かなくなった。脳出血をやった後は、数ヶ月は車に乗ったらあかんって先生に言われてたので乗らなかったんですけど、いまは車もバイクも乗るので。

 ウォーキングといったら、ロケで歩くぐらいですね。和歌山の番組でロケというと、街じゃなくて山や川が多いんですよ、それもあって歩くんですよね。

ーー趣味だった、売り物件のチェックもされなくなった。

HIRO ウォーキングの時に目を付けていた物件を買いました。家から車で、20分か30分ぐらいのところ。歩いたら3時間ぐらいかかったかな。そこを見に行ったら「ああ、ここいいな」って。3ヶ月くらい様子見してたら、どんどん値段が落ちてきて「いまや!」と思って買っちゃったんです。

ウォーキングをしていた時のHIROさん

 和歌山って、結構物価が低くて中古の家も安くて良い物件があるんですよね。まだ、買ってから2年も経ってないんちゃうんかな? ガレージとして使っていて、DIYでいろいろと改装してます。

 お風呂場やって、トイレやって、シャッターガレージもやって、屋根もやって、もともと畳の部屋だったのを床張りにして。キッチンもきれいにしたし、風呂もシャワールームにしたし、あとはなにやろうかなってところまできていて。そろそろ、次の物件を探そうかなっていう。

ーーインスタを拝見すると、和歌山での生活を大満喫されていますよね。