昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《彼女にDV・妊娠中絶の過去》アート引越センターいじめ事件「飲むと豹変する」アルバイト・森本容疑者(52)の酒癖の悪さ《現場には第5の男がいた?》

「気が乗らないから」――。

 たったそれだけの理由で20代同僚男性に下着を脱ぐよう指示し、腹部に軽いけがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、「アート引越センター(以下、アート社)」のアルバイト・森本義洋容疑者(52)である。

 この事件では他にも同社正社員の岩倉拓弥容疑者(27)ら計4人が逮捕された。森本容疑者はこうした一連の“いじめ”をスマートフォンで撮影していたという。文春オンラインが取材を進めると、森本容疑者の素顔と、事件現場にもう一人いたであろう男性社員A氏の存在が浮かび上がった。

森本義洋容疑者(左)と岩倉拓弥容疑者(「日テレNEWS」より)

◆◆◆

事件が起きたのはアート社が借り上げた“従業員たちのたまり場”

 事件は4月30日未明、江戸川区西小岩にあるアパートの一室で起こった。11月9日に事件が発覚した際、「現場は岩倉容疑者の自宅アパート」と報道されたが、アート社葛飾支店関係者によると「この部屋はアート社が借り上げ、別社員Bが借主として住んでいる。約8畳の1Rは従業員たちのたまり場だった」という。

いじめのあった事件現場アパート

 事件当時も岩倉容疑者や被害者男性ら数人がたむろしており、そこに酔った森本容疑者が現れて、唐突に「服を脱げ」と指示を出したとされる。

「被害者男性が自ら服を脱いでパンツ1枚の姿になりました。そこに女性の社員C子が現れると、森本容疑者は『パンツも脱げ』と指示。逮捕された4人で男性の肩を押さえて頭を殴打し、パンツを破ったといいます」(社会部記者)

森本容疑者

 だが、前出の関係者によれば、現時点では逮捕されていない男性A氏も「事件に関与していた可能性がある」というのだ。関係者が続ける。

関連記事