文春オンライン

見ると絶対に行きたくなる、食べたくなる「本格派台湾グルメの名店」リスト

note

晚餐 -DINNER- | ほとばしる肉汁!ワンタンの新境地

 1日の締めくくりは、白山駅からほど近い『オルソー』で晩酌を。日本では珍しい“台湾ワンタン”が看板で、ご覧のとおり、30グラムもの具がみっちり詰まって溢れんばかり。ツルンと口当たりのいい皮にかぶりつけば、ジューシーな肉餡が弾けるように躍り出る。

 フルーティなクラフトビールを片手に、甘酸っぱくシャキシャキの泡菜、希少なスパイス「馬告」を効かせたソーセージをつまめば、そこはもう台湾。まろやかな肉餡が細麺によく絡む炸醤麺も絶品だ。

時期によってはワンタンの皮を使用したオリジナルのクラフトビールも。ぐびぐび飲める
爽やかな味わい
熟練の技でスピーディーに包んでいく。味をアップデートするため台湾研修も実施
上から 炸醤麺(ジャージャーメン)780円、台湾 泡菜(パオツァイ)400円、馬告香腸(マーガオソーセージ)750円、台湾ワンタン 590円
手作りのテーブルが並ぶ温もりある空間。2階建ての店内はみるみる客でいっぱいに

also(オルソー)

東京都文京区白山5-32-13
(☎)03-5615-9969(営)11:30〜14:00、
17:30〜22:00(日は21:00閉店)(休)月

見ると絶対に行きたくなる、食べたくなる「本格派台湾グルメの名店」リスト

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー