文春オンライン

登山路で中年カップルが本番寸前の行為、女性ハイカーを狙う露出狂も出没…“ヤバすぎる登山客”たち

2022/12/25

 山ガールが流行語大賞候補になってから10年あまり、コロナ禍以降のアウトドアブームで登山人気が再燃している。

 しかし、登山人口が増えれば、当然ながらマナーの悪い人や迷惑行為も増えていく。登山愛好家たちが山で出会った“ヤバい登山客”の目撃談を紹介する。(取材・文=押尾ダン/清談社)

◆◆◆

鷹ノ巣山で中年カップルが露出プレイ

 小島隆一さん(仮名、36歳)は、週末になると北アルプスや南アルプスの山に行くキャリア10年のハイカー。今年の春、その北アルプスでこんな迷惑な登山客を目撃したという。

©iStock.com

「登山系YouTuberらしき人がモジュラーを装着したGoProを手に持って、ひとりでブツブツ実況しながら登山道を歩いていたんです。それだけなら『ウザいな』と思うだけですが、マジで迷惑だったのは山頂の記念碑で長時間撮影していたこと。

 見晴らしのいい山頂付近は、みんなが記念写真を撮影する場所なので、撮り終わったらすぐ次の人に場所を空けるのがマナーです。ところが、そのYouTuberは山頂の撮影スポットをひとりで独占し、GoProに向かってずっとしゃべり続けていた。

 5年くらい前まではインスタグラマーとかの映え系女子にそういう迷惑行為をする人が多かったんですが、映え系女子の次はYouTuberかと、ウンザリした気分になりましたね」

 小島さんが目撃した迷惑な登山客はこのYouTuberだけではない。東京からアクセスしやすいことで人気の奥多摩の鷹ノ巣山では、こんな“ヤバい中年カップル”を目撃したという。

「ジグザグに登る急斜面の木の陰で、中年カップルが堂々と本番寸前の行為をしていたんですよ。おそらく人に見られると興奮する性癖なんだと思う。一種の露出プレイですね。

 山にはそういう性癖の人がたまにいて、ハイカーのあいだで有名な『露出狂おじさん』もいる。そのおじさんは、女性ハイカーを見つけると真っ裸になってリュックだけ背負い、細い一本道の上のほうから何食わぬ顔をして下ってくるんです。