文春オンライン

《崖っぷちの巨人移籍》「自己管理不足で脂肪が増えた…」オコエ瑠偉(25)「未完の大器」覚醒へ、そぎ落とすべきは"体重とプライド”「恩師助言の“親心”」

 巨人のセンターの定位置は内野手から転向する増田陸、慶大からドラフト2位入団の萩尾匡也両外野手らとの争いとなる。さらに広島から復帰した長野久義外野手、ソフトバンクから移籍し、外野にも挑戦する松田宣浩内野手が控え、そして注目のドラ1ルーキー浅野翔吾外野手も近い将来に割って入ってくるであろう激戦区だ。楽天時代と同様、オコエが出番を確保することは一筋縄ではいかない。

ホームランの誘惑を断てるか

梨田昌孝さん ©文藝春秋

 打撃への向き合い方に関しては、根本から変える必要がありそうだ。

「(練習では)外国人選手のスタイルで、左足を上げ、遠くに飛ばそうとばかりしていた。試合でも飛ばしたい気持ちが強すぎて(バットの芯で捉える)確率が下がっていた。ある試合ではコーチに『初球から打ってもいいですか』と尋ねてきた。コーチが許可すると、振りにいくのだが、体が前に突っ込んでボール球にもバットが止まらない。初球など早いカウントで狙い球を絞って一発を狙うのは、まだいい。しかし、追い込まれても左翼方向に引っ張り、ノーステップにして右方向を狙うなど確率を上げる工夫をしない」(梨田氏)

ADVERTISEMENT

 確かにツボにはまると、目を見張るようなスタンドへの大きな放物線を描く。

「フリー打撃では凄い打球を打つ。そんな時は私やコーチに目をやり『どうですか』と言わんばかりに反応を見てきた。我々は(オコエに勘違いさせないため)あえて目を合わさないようにしていたのだが……」

関東第一高時代のオコエ瑠偉 ©文藝春秋

 梨田氏はホームランの誘惑を断てば、違った結果になっていたとの見解だ。その一方で俊足を生かそうと、内野安打狙いの当てるだけの打撃にする必要はないともいう。

「こぢんまりまとまらなくてもいい。早いカウントでは長打を狙ってもいい。カウントが進んだり、セーフティーバントを狙えたりするケースなど状況に応じた打撃ができれば、活路は開ける」

 体重とプライドをそぎ落とし、心身ともに生まれ変わる覚悟がなければ、ただ環境を変えただけでブレークできるはずがない、ということだろう。

《崖っぷちの巨人移籍》「自己管理不足で脂肪が増えた…」オコエ瑠偉(25)「未完の大器」覚醒へ、そぎ落とすべきは"体重とプライド”「恩師助言の“親心”」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー