文春オンライン
校長も親も混乱「一体何を言い出したんだ」…“元家庭科の先生”レディ・Cのレスラー転身秘話「父親に泣きながら土下座しました」《特別グラビア企画》

校長も親も混乱「一体何を言い出したんだ」…“元家庭科の先生”レディ・Cのレスラー転身秘話「父親に泣きながら土下座しました」《特別グラビア企画》

――「現役女子プロレスラー最長身」として、デビュー当初から注目を集めていましたよね。

レディ・C 177センチの身長がずっとコンプレックスで、なるべく猫背で暮らしていましたが、プロレスラーはデカさが武器になりますからね。攻撃のリーチも、リングに立ったときの映え方も全然違います。だから今は自分の身長が好きですが、筋肉がつきづらい体質なのは苦労しています。デビュー前は体重58キロで、ガリガリ体型だったんですよね。身体を大きくするために、泣きながら1日4000キロカロリーくらい食べていました。

 

――ジャイアント馬場さんの技を使うのは、高身長を活かすためですか?

ADVERTISEMENT

レディ・C 現代のプロレスって、スピーディーに動くハイフライヤーが花形になりやすいんですが、私はあまり素早く動かなくても技の一発一発で魅せるような昭和のレスラーを参考にしています。それが自分の身長を一番活かせるスタイルかなと。

「自分でも全然プロレスラーっぽくないなとは思うんですけど」

――プロレスラーとして、今後の目標を教えてください。

レディ・C 自分の大変な時期を支えてくれたのが、プロレスでした。プロレスに出会い、選手を「推す」ことで、すごく生きるのが楽しくなりました。私がリングの上から魅力を発信することで、人生を変えてくれたプロレスに恩返しができたらなと思っています。教員時代、残念ながらプロレスを知っている生徒はほとんどいませんでした。そういう世代にもプロレスを届けるためには、自分が選手としてもっと上がっていかなきゃですね。

 たまに元教え子から「先生ですよね?」とSNSでメッセージが届きます。大学生になった元教え子がサークル活動の一環で取材に来てくれたこともありますよ。

――「プロレスを広める」という目標の第一歩ですね。

レディ・C 学校を辞めるとき、校長先生以外には「プロレスラーになるから」とはひと言も言っていなかったし、恥ずかしくて友達にもほとんど報告していなかったんですが、少しずつバレ始めています(笑)。大人しいタイプだったから、昔の私を知っている人ほど驚くんですよね。お酒もタバコもしないし、家ではアニメを観たり、愛犬のチワワの洋服を縫ったりしているので、自分でも全然プロレスラーっぽくないなとは思うんですけど。

 

――普通のファンに感覚が一番近いからこそ、発信できることがあるんでしょうね。

レディ・C そういうふうに言っていただけるとうれしいですね。サイン会などで「あなたのプロレスに元気をもらった」「自分もがんばろうって思えた」のような感想をいただくと、本当にうれしくて、私もお客さんと一緒に号泣しちゃう(笑)。自分のやりたいことが少しずつ実現できているな、と感じる瞬間ですね。

撮影 杉山拓也

〈#4へ続く〉

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

校長も親も混乱「一体何を言い出したんだ」…“元家庭科の先生”レディ・Cのレスラー転身秘話「父親に泣きながら土下座しました」《特別グラビア企画》

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事