文春オンライン

なぜ30歳間近でレスラーに? 箱入り娘の“闘魂Hカップグラドル”白川未奈が証明したい「女性に賞味期限はない」《特別グラビア企画》

 キャバ嬢、警察官、教師、グラドル――。全く違う人生を選んだ4人はなぜリングに辿り着いたのか? 熱狂する「女子プロレス」の世界に迫る(全4回の4回目/#1#2#3に続く)。

◆◆◆

 女子プロレスラーの白川未奈は11月3日、「スターダム」広島サンプラザホール大会でワンダー・オブ・スターダム王座に挑戦。王者・上谷沙弥の必殺技フェニックススプラッシュがアゴに命中し、3カウントを取られた。前歯の折れた白川は、口から流血し号泣しながら「この地獄から這い上がるところをファンの皆さんに見せないとプロレスラーじゃない」と宣言。壮絶な散りざまが、多くのプロレスファンから絶賛された。

 父は実業家という裕福な家庭で生まれ育ち、「闘魂Hカップグラドル」としても活動する白川。「20代の頃より、今の私のほうが輝いている自信がある」と、30代になってもチャレンジし続ける“原点”を語った。

ブライダル企業に就職後、一念発起して憧れの芸能界へ飛び込んだ白川未奈(スターダム所属)。グラビアアイドルとして活躍する中でプロレスに出会い、30歳を前にリングーデビューを果たした

「もっと人生をサバイブしたい!」竹下通りを6往復

――白川さんは、かなりセレブなご家庭の生まれだとか……。

白川未奈(以下、白川) 一応、社長令嬢なんです(笑)。父親は一代で会社を築いたんですが、あわよくば長女の私に継いでもらおうと考えていたんじゃないかな。妹と違って私はかなり厳しく育てられて、中高は私立の堅めの女子校に入れられました。でも学校は全然合いませんでしたね……。みんな同じ髪の色、同じスカートの丈で、先生に言われた通りのことをして、毎日がつまらなかったです。

――自分を押し殺した生活だったんですね。

白川 中2のとき、親にも学校にも内緒でオーディションを受けました。芸能活動は禁止の学校だったけど、私は昔から芸能界に憧れていて、どうしても歌手になりたかった。今もですが、安室奈美恵さんに憧れていましたね。

 でも結局バレて、母親と先生と三者面談をすることになりました(笑)。「もうちょっと勉強してからでも芸能人になれる」と説得されて、そこからは本当に自分を押し殺す生活になっちゃったな……。

――その後は青山学院大学をご卒業されて、一般企業に就職されたそうですね。

白川 青学を卒業した後は、ブライダル系の企業に就職しました。仕事自体はすごく楽しかったんですが、どこか刺激の足りない日々でした。ある日「もっと人生をサバイブしたい!」という気持ちが爆発して、仕事が終わった後そのまま、原宿の竹下通りをスカウトされるために6往復しました(笑)。

 

――6往復ですか! そこでスカウトされ、グラビアデビューしたんですね。