文春オンライン

連載THIS WEEK

「瑛大に会いたいよ~泣泣って毎日思いますが」…猪苗代ボート裁判 8歳の息子を亡くし、自身も両脚を切断した母親の思い

 福島県会津若松市の猪苗代湖で2020年9月、モーターボートに衝突された男児ら3人が死傷した事故を巡り、業務上過失致死傷罪に問われた元会社社長・佐藤剛被告(45)の第6回公判が12月12日、福島地方裁判所で開かれた。

「この日行われたのは、亡くなった豊田瑛大(えいた)君(当時8)の母親・A子さんの証人尋問。自身も両脚を切断し、義足生活を送るA子さんは『ボートに巻き込まれた直後に振り返ると、一瞬で死んでしまったのが分かった。抱きたかったが、全く体が動かなかった』と証言した。入院中で葬儀にも参加できず、『最後に柔らかかった肌を触りたかった……』と声を詰まらせていました」(社会部記者)

プールでの瑛太君(母のブログより)

 そのA子さんは、瑛大君の一周忌にあたる昨年9月6日、〈1人でも多くの方に生前の瑛大を知っていただきたい〉という想いから、ブログをスタートしていた。9月11日には納骨を終えたことを報告。〈お墓には1番最後に入るはずだった瑛大が1番最初で、瑛大の名前しか刻まれてないのを見ると寂しくないのかなと本当に辛くて辛くて苦しいです〉と胸中を明かした。

瑛大君のお墓には「いつかまた…」と刻まれている(A子さんのブログより)

 佐藤被告が逮捕されたのは、9月14日。A子さんはこの日、〈本当に良かった。と思う一方で、それでも瑛大は戻ってきてくれないと深い悲しみに襲われました〉と綴っていた。