文春オンライン

《平塚・夫婦絞殺事件》両親の首を絞め、顔が炭になるまで焼いた…猟奇的犯行に及んだ長男(50)が抱いていた「被害妄想」と「ブラジル愛」

genre : ニュース, 社会

 2022年12月13日の昼を過ぎた頃、海に近い閑静な住宅街に激震が走った。神奈川県平塚市の戸建てに住む会社経営の新谷哲男さん(76)と清子さん(75)夫婦と「連絡がつかない」と知人が交番に駆け込んだのだ。

 長男を含めた3人暮らしの新谷さん宅が、家庭内トラブルを抱えていることは地元では広く知られていた。警察もその例外ではなく、駆けつけた警察官の不安は的中し、鮮やかな緑色の戸建ての2階で変わり果てた姿の夫婦を発見したのだ。

老夫婦の顔は炭化するまで燃やされ…

「2人の遺体には首を絞められた痕があり、死因は首を圧迫されたことによる窒息死だったことがわかっています。夫妻の顔は燃やされており、発見時は炭化していたといいます。少し火をつけたというレベルではなく、被害者の顔を見たくないという犯人による強烈な怨嗟を感じました」(神奈川県警担当記者)

死体遺棄と殺人の容疑で逮捕された新谷喜朗容疑者(本人Facebookより)

 遺体が見つかる少し前に、自宅を出ていた長男の新谷嘉朗容疑者(50)の身柄を警察は翌14日に浜松市内で確保。平塚署に連行し、両親の遺体を自宅に放置した死体遺棄容疑で緊急逮捕した。そして1月4日には、清子さんに対する殺人容疑で再逮捕。嘉朗容疑者は取り調べに「遺棄はしていない」「(母親の殺人容疑は)否定します」と供述しているという。

関連記事