文春オンライン

「ガセネタ。自民の反執行部派の連中が流した」公明党幹部を激怒させた”永田町怪情報”は本当だった

赤坂太郎

2023/01/17

月刊「文藝春秋」の名物政治コラム「赤坂太郎」。2023年2月号「地獄を見た岸田の『粘り腰』」より一部を転載します。

◆◆◆

 安倍晋三が暗殺されて半年――首相の岸田文雄はすべてが裏目に出て、政権のまさに冬景色の中にある。

 だが、凍てつく状況の中で、岸田は予想外の粘り腰を見せている。まずは防衛費増額にともなう増税へのこだわり。そして、NHK会長人事である。優柔不断と揶揄されてきた岸田だが、「理解するのに人より時間がかかるが、こうと思い定めたときの忍耐力はある」(首相周辺)との評価も出てきた。

増税をめぐって岸田政権に不協和音? ©文藝春秋

 昨年12月。自民党政調会長の萩生田光一をはじめとする元安倍側近らは2023〜27年度の防衛費で「総額43兆円」という数字を掲げた。これを気前よく丸呑みした岸田の決断に、萩生田らは当初は喜んだ。だが、それもつかの間、岸田は財源として「増税」に舵を切ったのだ。

「世論の反発は必至、4月の統一地方選を考えれば最悪のタイミング」(自民党幹部)との懸念が広がり、党税制調査会での議論は荒れに荒れた。

 だが、岸田の決意は固い。「側近で政務秘書官の嶋田隆が財政健全派だからとみる向きもあるが、実際は嶋田の意向に引っ張られたのではなく、首相が自ら考えを重ねた結果、増税すると腹を決めた。かなり手ごわい」(官邸筋)。