文春オンライン

「コレを頻繁にやる歯医者は要注意」…現役歯科医が教える、“行ってはいけない歯医者”3つの特徴

2023/03/20

genre : ライフ, 社会

note

 患者さんのお口の中は、お金儲けをしたり術者の技量をひけらかすような場ではない。きちんとした説明やその後のフォローなしに、安易に難しい自費の補綴物(被せ物)を勧めてくる医院には行ってはいけない。

 逆に言えばリスクまできちんと説明した上で、自費も治療方法の一つとして提案してくれるような医院は信頼できるところが多い。

 さらに自費に関して言えば、自費を相場より極端に安価で出している医院もあまりおすすめしない。例えばインプラントでいうと、良いメーカーのインプラント体はそもそもの値段が高いので、安価で出せるはずがない。高価だからといって良い物を使っているとは限らないが、安価で良い物を扱っていることはまずないことを覚えておいてほしい。

ADVERTISEMENT

知る人ぞ知る、ちょっとマニアックな裏ワザ

 最後に、これは少々裏技になるのだが、行ってみたい医院の求人募集をチェックしてみるというのも一つの手だ。常に求人募集をかけている医院は、職場の環境が悪かったりして、スタッフの定着率が低いことを表している。スタッフの定着率が悪いということは引き継ぎが多く、継続した治療が受けにくいので、そういった医院には行かないことを強くおすすめする。

 ここまで何点かポイントをお話ししてきたが、いずれにせよ実際通院してみて、合わないと思ったら違う医院を受診し、セカンドオピニオンを仰ぐことも大切だ。合わない医院にあたってしまったとしてもそこで諦めず、自分に合う医院をぜひ見つけていただきたい。

「コレを頻繁にやる歯医者は要注意」…現役歯科医が教える、“行ってはいけない歯医者”3つの特徴

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー