文春オンライン

登山中の男性にクマが上から飛んでくる衝撃動画 専門家の分析「本気のクマに襲われたら…」

2023/05/04
note

 埼玉県・二子山。

 昨年10月、この山で登山者がクマに襲われ、その一部始終が記録された動画がインターネット上で話題になった。至近距離から襲ってくるクマは、今までに見たことがないほどに迫力十分で、動画は海外でも広く拡散された。

 動画を見ていない人は、まずは一度見てみてほしい。

ADVERTISEMENT

「Bear attacks climber - 登山者と熊」チャンネルより

 動画の撮影者である島田さん(仮名)は、山を歩いていたところ、突然、上から飛んできたクマに襲われている。クマが飛びかかってきてから立ち去るまでの時間は約20秒。完全な不意打ちにもかかわらず、島田さんが無傷だったのは奇跡としか言いようがない。(襲撃の詳しい状況は「クマが上から飛んでくる衝撃動画『登山中に熊に襲われた』 現場の真相を取材」を参照)

「Bear attacks climber - 登山者と熊」チャンネルより

現場は「切り立った岩の尾根」

 この動画が衝撃的だったのは、動画自体の迫力もさることながら、その場所にも理由がある。

 現場は切り立った岩の尾根で、見晴らしがよく、大型動物がいれば遠くからでもすぐわかる。険しい岩壁に囲まれた登山の上級者コースで、大型動物が隠れることのできる場所もない。登山に慣れた人でも、クマとの遭遇など通常は考えもしないようなところだ。

 登山者がクマに襲われる事故はこれまでにも何度も起こっているが、そのほとんどは木や草が茂った場所。こんなけわしい岩場で襲われた事例は聞いたことがない。

×印が襲撃地点 ©森山憲一

 気になった筆者は後日、現場を歩いてみた。上の写真で見るとおりの細い岩の尾根で、こんなところでクマに突然襲われたら逃げ場もない。襲われた衝撃で島田さんが転落しなかったことも幸運だったとしか言いようがないと感じた。

クマとの距離はわずか1メートル

 襲撃現場に立ってみてさらに驚いた。クマのいた場所が、動画で見るよりはるかに近い。動画は広角レンズで遠近がかなり強調されていたのだ。動画では2~3メートル下にいるように見えたクマの位置は、実際には1メートルほどしか離れていなかった。これは怖かっただろう……。

襲撃現場。動画よりこちらのほうが肉眼の印象に近い ©森山憲一

 それにしてもクマはいったいどこから来たのだろうか? 岩の尾根を下っていた島田さんの後をつけてきて、頃合いをみて襲ったのだろうか? それとも、ひっそりと横の岩場を登ってきたのだろうか? 島田さんは襲われるまでクマの存在にはまったく気づいていなかったという。

 そこで、クマの生態に詳しい東京農業大学の山﨑晃司教授に聞いてみた。