文春オンライン

「死ぬ前にちょっと良いことしたいなって」16歳で極道入り、恐喝で捕まったことも…元ヤクザの組長(54)が「みんなから愛される実業家」に変身できたワケ

『西成で生きる』 #1

2023/05/21

 16歳で極道入りし、恐喝で刑務所に入ったことも……かつて極道の世界で、組長にまでのし上がった“ハシケン”さんこと肥村健二さん。彼が西成の街で、多くの住民から慕われる実業家として再スタートできた理由とは?

 西成で暮らす人々をインタビューした、フリーライター・花田庚彦氏の新刊『西成で生きる この街に生きる14人の素顔』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/後編を読む)

西成の実業家・“ハシケン”さんこと肥村健二氏さんが運営する立ち飲み屋「けんちゃん」。彼がヤクザから更生できた理由とは? ©花田庚彦

◆◆◆

ADVERTISEMENT

 この項で取り上げるのは、元ヤクザの組長という経歴がありながらも、更生を果たし、現在は西成で介護事業を始め、不動産や立ち呑み屋などを経営する“ハシケン”さんこと肥村健二氏だ。

 西成で“ハシケン”さんの名前を知らない人間はいないと言っても過言ではない。それは悪名としてではなく、西成の住人に好かれているのだ。

組長から介護事業者へ

――最後に懲役を終えて出て来たのは何年ですか?

「平成25年に出てきたのかな。パクられたのが平成22年」

――罪名はなんですか?

「恐喝です。組からは形式上破門という形で。そこでうちのオヤジ、つまり親分ですね。その人からもう一度戻ってこいという話をしていただいたんですが、オヤジがついて行った先が個人的にあんまり好きじゃなかったんで。そんならもうカタギになると断言しました。オヤジとはこれまで通り付き合いはさせてもらうということで」

――苗字が変わっているのは、親分の養子になったからですか?

「そうです、養子ですね」

――じゃあ時代が違えばそこの組の跡目だったんですね。

「いや、そういう気持ちは全然無いですよ。それはオヤジにも言っています。オヤジがどこの組に行こうが、それは無理やと。やっぱり、いま介護事業やってますんで。ヘルパーとかお年寄りとか、障がいがある方とかの就労支援をしているんですよね、その子らが僕を頼ってきてくれてますんで。その方たちを裏切って今更元に戻れないですよね」

――役所と絡んでいるわけですからね。もう何年くらい西成にいらっしゃるんですか?

「僕はね、刑務所から出てきてすぐ西成に来ました。元々は堺なんですがね。ヤクザとしての事務所が堺でしたから」

関連記事