文春オンライン

「男性には風俗があるけど、女性は不倫という選択肢しかない…」新時代の性の伝道師・クノタチホ(40)が語る“LGBT法”から“乳首を舐めてほしがる男”まで

「男性には風俗があるけど、女性は不倫という選択肢しかない…」新時代の性の伝道師・クノタチホ(40)が語る“LGBT法”から“乳首を舐めてほしがる男”まで

クノタチホさんインタビュー#2

 G7(主要7カ国)で唯一、性的少数者らへの差別禁止を定めた法制度や同性婚の仕組みのない日本。5月19日から始まった広島サミットにあわせ、LGBT法案の議論が進められて進められたが、各党の思惑がうずまき審議入りすら見通せない状況が続いている。

 時代遅れの政治とは対照的に、社会ではもはや当たり前になった性の多様化において、クノタチホさん(40)は象徴的な人物だ。33歳頃までは、普通の男性として女性と家庭を持って暮らしていた。人生が一変するのは、女装との出会いだった。

 性欲の対象が男性になり、のめり込むように男とセックスをするようになる。「オートガイネフィリア」(自己女性化性愛症)と言われる、女装した自分自身に性的な魅力を感じる性的指向の持ち主だ。

 クノタチホさんの生き方は、ステレオタイプのセックス観やジェンダー観の範疇に収まらない。その生き方を通じ、“一般”の性を生きる人間にもなにかが見えてくるかもしれない。

インタビューに応じたクノタチホさん

◆◆◆

男性とセックスをすることで女性側の気持ちも分かるように

――女装をして、男性とセックスするようになって生活はどう変わりましたか。

「本当の自分にやっと会えたという感覚でしょうか。今ではかけがえのない男性もできて幸せです。相手は既婚者ですが、私と過ごす時間を最優先に考えてくれます。自分の経験と勉強の成果をブログや書籍に書くようにしているんですが、それが多くの人の役に立っていることが非常に嬉しいことです。

 例えば、去年の3月のことですが、北海道から来た40代のセックスレス夫婦とハプニングバーで3Pをしました。双方に私が前戯をして、気分を盛り上げて私はフェードアウト。すると2人は普通にセックスができたんです。このときにとてもお礼を言われた。私の特殊な性的指向が人のために役に立てる、と自信をもてた経験ですね」

――女性には興味がなくなったんでしょうか。

「男性と寝るようになった当初は、女性とのセックスに恐怖がありました。でも、新しい自分のことを理解するにつれて、徐々に女性側の気持ちも分かるようになっていきました。すると、女性の性的魅力にもまたあらためて興味がわいてきたという感じでしょうか」

関連記事