文春オンライン
世界一美しい郵便局、近未来の空中図書館…メキシコシティの絶景5選

世界一美しい郵便局、近未来の空中図書館…メキシコシティの絶景5選

2023/06/06

genre : ライフ, , 国際

note

昼も夜も素晴らしい眺め「ラテンアメリカ・タワー」

ラテンアメリカ・タワー

 メキシコシティのシンボルとなっている、高さ182メートル、44階建ての超高層ビル。1956年にラテンアメリカで最も高いビルとして建てられ、現在でも市内で5番目の高さを誇る。

 ビルの36階まではオフィスフロアで、37階以上が展望フロア。37階以上のフロアはガラス張りの展望フロアや展示フロアが整備され、展望フロアからは「ベジャス・アルテス宮殿」や「アラメダ・セントラル公園」を中心とした街の美しい眺望を得ることができる。

 また44階のみ、屋外展望台になっている。37階から44階まではエレベーターを乗り継いだり、階段を使ったりと、混雑時には上階へ上がるために時間がかかるが、屋外展望台の開放的な空間から街を見下ろすのは爽快だ。

ADVERTISEMENT

 ちなみに、観覧チケットは終日何度でも使用可能。昼の眺めも素晴らしいが、ライトアップされた街の夜景は格別。各展望フロアにはカフェやバーなどが併設されているので、お茶やお酒とともに眺望を楽しむのもおすすめだ。