文春オンライン

「私は短命の家系。無駄な時間は1秒もない」実はすでに芸人を引退…2000年代最強の女芸人・田上よしえ(50)が次に選んだ「セカンドキャリア」

オンバト最強の女芸人・田上よしえインタビュー #2

2023/06/18

genre : エンタメ, 芸能

 2000年代初頭、数々の人気芸人を輩出した『爆笑オンエアバトル』で無類の強さを誇った女芸人・田上よしえさんインタビューの後編をお届け。

 彼女が芸人引退を決めた理由、そして次に選んだ道とは?(全2回の2回目/前編を読む)

芸人を引退した、田上よしえさんが次に選んだ道とは? ©三宅史郎/文藝春秋

◆◆◆

ADVERTISEMENT

「私は常識人だからダメなんだな」

――『爆笑オンエアバトル』に何度も出るようになって仕事が増えてくると、調子に乗ったりはしませんでしたか?

田上よしえ(以下、田上) いや、そこまでのブレークじゃねえですもん。もう一段階行かないとブレークとは言わないです。私は一発屋どころか0.5発も行ってなくて、0.2発屋ぐらいかな。全国区で出ていたのなんて『オンバト』ぐらいですからね。

――深夜番組の『完売劇場』(テレビ朝日)とか、ネタ番組には結構出ていたイメージがありますけど。

田上 『完売劇場』もディレクターやプロデューサーが頭おかしいんですよ。おかしいから私を使ってくれたんです。ちゃんとしたゴールデンにはあんまり呼ばれなかったですよね。

――ネタで注目された芸人はほかのバラエティ番組にも出ていったりするじゃないですか。田上さんもそういう時期はなかったんですか?

田上 『エンタの神様』とか『爆笑レッドカーペット』とか『笑いの金メダル』とか、ちょこちょこは呼んでいただいたんですけど、1周して2周目がない、みたいな感じでした。やっぱり中途半端はダメですね。モンスター級に面白いとか、極端に面白くないとかじゃないと。

――芸人は空気読めないぐらいのほうが良いんだけど、自分はついつい空気を読んでしまう、という話もされていましたね。

田上 本当にそうなんですよ。アルバイトとかしていると、一般人でも変な人って多いですからね。私はたぶん普通の人なんですよ。常識人だからダメなんだな。芸人は変なほうが良いし、面白くないほうが良いんです。

――面白くなくてもいいんですか?

田上 いいですよ、逆にイジってもらえますもん。なんだそれ、全然面白くねえな、って。コウメ太夫のツイッターのイジられ方とかすごいじゃないですか。意味わかんなくて。

――もはや哲学的な感じにも見られてますよね。

田上 そう、哲学かなと思っちゃうんですよ。ただつまんないことを言ってるだけなんだけど。私もそのほうが良かったです。

――もっとつまんなくなりたかった?(笑)

関連記事