文春オンライン

連載シネマチャート

生後15カ月の娘を海辺に置き去りに…殺人罪に問われた母親の裁判の「真実」はどこにあるのか 「サントメール ある被告」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 若き女性作家ラマ(カイジ・カガメ)は、フランス北部の町サントメールを訪れる。次作の取材のための、裁判傍聴が目的だ。

 被告は、生後15カ月の娘を海辺に置き去りにし、殺人罪に問われた女性ロランス(ガスラジー・マランダ)。セネガルからフランスに留学し、完璧なフランス語を話す彼女は無罪を主張する。娘の父親である男性の証言とも食い違い、真実がどこにあるのかがわからない。裁判が進むに連れて、妊娠4カ月を迎えたラマの精神状態が次第に不安定になっていく。

〈解説〉

 ドキュメンタリー作品で評価されてきたセネガル系フランス人のアリス・ディオップ監督の初長編劇映画。実際の裁判記録をそのままセリフに使用した法廷劇。第79回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)と新人監督賞を受賞。123分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆実の子を死なせた女の話と、その裁判に接した女性作家の精神的混乱(母への恨み)。感情移入できず困惑。法廷劇は苦手。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆肖像画を思わせる画面の陰で、濃密な血液が複雑に混じり合う。「隠す」行為の根源に、知と情の両面から肉薄している。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆硬い表情の被告。彼女を見つめるラマの狼狽える眼差し。問いただすような長い間合い。観客の様々な記憶を刺激しそう。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆法廷劇の定石を超えた。正義や解決を求めるのではない。テキストの多層性から個の生き難さと社会的抑圧を炙り出す。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆ドキュメンタリーとフィクションの交差。移民、母性、ポストコロニアルなタブローといい、映画の魔法がおりていた。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© SRAB FILMS - ARTE FRANCE CINÉMA - 2022

INFORMATION

『サントメール ある被告』(仏)
Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次公開中
https://www.transformer.co.jp/m/saintomer/#m

生後15カ月の娘を海辺に置き去りに…殺人罪に問われた母親の裁判の「真実」はどこにあるのか 「サントメール ある被告」を採点!

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事