文春オンライン
《吉原刺殺事件の初公判》「1回の映画では?」「13万円。そういうものだと思います」今井裕被告が語ったA子さん殺害の“身勝手すぎる理由”と“異様な金銭感覚”

《吉原刺殺事件の初公判》「1回の映画では?」「13万円。そういうものだと思います」今井裕被告が語ったA子さん殺害の“身勝手すぎる理由”と“異様な金銭感覚”

2023/11/21

genre : ニュース, 社会

 このとき、Aさんはすでに吉原の、事件が起きた店舗で働いていた。今井被告は予約が埋まっていたため他の女性を指名したが、そのときに1週間前なら予約ができることを知った。「お店を利用すると、予約ができると知った」(今井被告)。そもそも、なぜAさんに興味を持ったのだろうか。

被害女性が働いていた店舗の事件翌日の様子 筆者撮影

弁護人「どういうところに興味を持った?」

今井被告「どういう接客をするのだろうと思って」

弁護人「サービスを受けた後は?」

今井被告「予約を取れるアドレスを教えてもらいました」

弁護人「その後の利用は?」

今井被告「月1回」

弁護人「サービス料は?」

今井被告「(110分での総額)67500円」

弁護人「(今井被告の)給料で大丈夫?」

今井被告「月1回なら」

 しかしその後、今井被告の来店回数が増えていく。検察側が提示したAさんと今井被告のメールのやりとりからは、月に複数回だったり、2回分の220分の予約を続けて取ったりしていたことがわかる。

弁護人「回数が増えてきましたね」

今井被告「はい」

弁護人「収入で大丈夫でしたか?」

今井被告「大丈夫じゃないです」

弁護人「それでどうしましたか?」

今井被告「以前から知っていた投資を始めました」

弁護人「消費者金融は?」

今井被告「借りました」

弁護人「両親からは?」

今井被告「借りました」

「(1回映画を一緒に見ると)13万円。そういうものだと思います」

ADVERTISEMENT

 Aさんが働いていた店では、長い予約を入れると一緒に店外で映画を見られるサービスがあったという。今井被告はそのために多額のお金をソープランドで使うようになり、消費者金融や両親からもお金を借りるようになった。次第に、予約はしてもキャンセルや変更が多くなっていく。

弁護人「映画を見ていますね」

今井被告「2枠の予約を入れると、店の外で会えます」

弁護人「金銭が発生しますよね?」

今井被告「発生します」

弁護人「1回の映画では?」

今井被告「13万円。そういうものだと思います」

関連記事