文春オンライン

「トップ下久保、左に南野、右に伊東のシステムで何がしたいのか」森保監督の“ナゾ采配”に城彰二が呈した苦言《アジアカップ》

AFCアジアカップ2023・城彰二の視点 #2

2024/01/21

 サッカー日本代表は今月19日、AFCアジアカップカタール2023の1次リーグ第2戦でイラク代表と対戦。前半に2失点するなど苦戦を強いられ、1-2で敗戦した。元日本代表で、現在はサッカー解説者として活躍する城彰二氏は、この試合をどう見たのか。話を聞いた。

イラク相手に敗れたサッカー日本代表 ©時事通信社

◆◆◆

イラクの圧力を受けて受け身に回ってしまった

――勝てば決勝トーナメント進出が決まるイラク戦、日本は1-2で敗れてしまいました。

ADVERTISEMENT

城彰二さん(以下、城) 負けるべくして負けたかなと思います。試合の入りは相手の様子を見ながらというのがあったと思いますけど、イラクの前からの圧力を受けて完全に受け身に回ってしまった。

 イラクのFWアイマンは大きいし、強いし、裏を取られたら嫌なので、ディフェンスラインがズルズル下がり、そのまま上げられないからセカンドボールを回収できない。すべてが後手に回って、前半5分に失点し、主導権を失った。試合の入りが悪すぎました。

――前半5分の失点のシーンですが、ちょっと軽率な失点でした。

 FWアイマンが起点になっているので、そこを挟み込むとか対応策を取らないといけないですけど、やっていなかった。スカウティングでプレースタイルは分かっていたはずなのに、対応していないのはどうかなと思いますよ。結局、中盤とDFラインの間に立たれて、起点を作られて、サイドに展開されて、そこから突破されてしまった。

 その流れから失点してしまうんですけど、板倉(滉)がクロスを上げる選手に寄せ切れてなかったですし、GKの鈴木彩艶もクロスを弾いたのはいいけど、そのボールが相手の正面に行くなど、ベトナム戦から流れがよくない。でも、あのヘディングシュートはうまかった。若干ループみたいに上に浮かすようなボールでかなり難しいし、技術があるなと。日本は、こういう大きくて強いFWには弱いですね。

関連記事