文春オンライン

「年収500万円の人が年収3000万円の人に申し込んで…」「女子大生も入会している」“伝説の婚活アドバイザー”が語る、結婚したい人の根本的な勘違い

婚活アドバイザーの植草美幸さんインタビュー#2

2024/06/22

genre : ライフ, 社会

note

 結婚相談所「マリーミー」の代表を務める、婚活アドバイザーの植草美幸さん。

 フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』「結婚したい彼と彼女の場合~令和の婚活漂流記2024~前編・後編」での密着でも注目された彼女に、婚活アドバイザーとなるまでの経緯、男女の結婚観の変容などについて、話を聞いた。(全2回の2回目/最初から読む)

婚活アドバイザーの植草美幸さん

◆◆◆

ADVERTISEMENT

“人と企業”を結ぶ仕事から“人と人”を結ぶ仕事へ

ーー婚活アドバイザーをする前は、アパレル業をされていたそうですね。

植草美幸(以下、植草) 2008年にリーマンショックが起きるまで、アパレルの事業をしていました。お店を25店舗運営しておりまして、販売員が150人から200人ぐらいいて。あとは販売員を指導する講師、デザイナー、パタンナー、生産管理などを全国のアパレル企業に派遣していました。

ーーどれくらい続けていたのですか。

植草 15年ぐらいです。リーマンショックの時に、派遣していた方たちが戻ってきちゃったんですよ。いわゆる“派遣切り”です。自分の会社の販売員さん達も余ったのですから、派遣スタッフなど置いておけないという状況だったのでしょう。25店舗あったお店も、どんどん減っていって15店舗ぐらいになって。これは完全に時代が変わってきたなと、でも何をやればいいかなと。

ーーで、結婚相談業を。

植草 それまでは人と企業を結ぶ仕事をしていたけれど、人と人を結ぶ仕事をやろうと。でも、わりと似ているようなところもあるということに気付いて。

 それと、私の母が数十年前に仲人をしていたんです。業にしていたというわけではなく、父が経営していた会社の社員の仲人を務めたんですよ。独身の社員が30人くらいいて、全員を1年間で結婚させたんです。そんな母の姿を小さい頃に見ていたから、潜在的に影響みたいなものを受けていたのでしょうね。

 それで、アパレル以外の事業を考えて、老人ホーム、保育園、結婚相談業の3つが候補として社内で挙がって。各々の事業計画を立ててみると、開業までに相当な年月がかかったり、投資金額が膨大だったりしたのですが、あるスタッフが「そういえば社長は、これまでたくさんの人の結婚のお世話をなさってますよね?」と言ったのです。

 

学生時代から数々のカップルを成立させてきた

ーー母親の仲介の手腕を見て、潜在的に影響みたいなものを受けていたと。それもあって、自分でもできるとも思ったところも?

植草 高校生の頃から、私もいろんな方たちをマッチングさせてきたんです。だから、私としても出来るかもしれないと。ですからアパレルと人材派遣はひとまず他のスタッフにやってもらうことにして、私だけで婚活事業をスタートさせたんです。

ーー高校生の頃からマッチング。

植草 同じ校内でカップルを成立させていました。私は理系の進学校に進んで、男の子がすごく多かったんです。でも、私には姉、兄、弟がいて、兄と弟に挟まれていたものですから、男性にまったく抵抗感とか違和感を抱いてなかったんです。だけど、一人っ子や姉妹だけで育った友達になると、なかなか男の子に声をかけられないってことが多くて。