昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/05/24

「完治」よりも大事なこと

──心を落ち着かせるためのよりよい方法があれば教えてください。

森山 私は「完治」よりも「がんと共に生きる」という気持ちが大事だと思っています。だから、まずはがんであることをしっかり受け入れることがすべての始まりだとお伝えしています。たとえば、完治の可能性が高い早期がんの場合でも、治すためには手術や抗がん剤や放射線などの治療が必要です。治療は長期間にわたることもありますし、転移が広範囲に広がっている場合はなおさら、「がんを克服しよう」というよりも、「がんと共に生きよう」というところへ気持ちを持っていくことが大事だと思っています。

 

──でも、どうしても受け入れられない場合もあるのでは。

森山 まずは、自分がどうなってしまうかではなく、自分が今なにをすべきかを考えるようにしてください。だいたい、「がん」という名前が「ガーン」という感じがしてよくないんですけれど(笑)、人間の想像力は悪い方へ広がりやすいので、受け入れができない人は、これから起こる最悪の事態ばかりを想定してしまうことが多いんですよ。

 たとえば、胸の痛みを訴えて「乳がんじゃないか」と来院された若い女性の場合ですが、「心配はないと思いますが、乳がんだといけないので、念のため精密検査しましょう」と言ったら、付き添いの母親が「やっぱり乳がんかもしれないんだよ!」とパニックになって、2人そろって診察室で号泣してしまったことがありました。これは極端な話ですが、似たようなケースはたぶんたくさんあると思います。

©iStock.com