昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/07/27

状況は日韓W杯ベルギー戦のときと同じか

 だが、サイは投げられた。

 たぶん、今の宮本の心境は、2002年日韓W杯のベルギー戦で途中出場を告げられた時と似ているのではないか。主将を務めていた森岡隆三の負傷で、緊迫した状況の中、途中で試合に入った、DFの裏を突かれて失点し、2-2のドローに終わったが、次のロシア戦は戦い方を修正してW杯初勝利を挙げた。短期間で守備を修正して、安定感を取り戻した。

2002年日韓W杯ではフェイスガード姿でも注目を浴びた ©文藝春秋

 今回も16位とチーム状況が悪い中、シーズン途中から指揮を執る。16年前にピッチでやれたことを今、監督としてやれるかどうか。

 宮本だからガンバを救える、という楽観的な見方はできない。それでも宮本は責任感の強い人。一度やると決めたらとことんやるだろう。涼しい顔をして結果を出し、困難なミッションを押し付けたフロントをギャフンと言わせ、明日のガンバを築いてほしい。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z