昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ハトは3秒で忘れる」はやっぱり悪口 NHK子ども科学電話相談・川上先生インタビュー

NHK夏休み子ども科学電話相談「鳥」担当・川上和人先生インタビュー

無理に夢を持とうとしなくていい

―― 今、子どもたちへ伝えたいことはありますか。

 人生って、偶然おもしろいことにぶつかって、それが一生の仕事になることもあります。実際に僕もそんなふうにして今の仕事につきましたが、天職だと思っています。だから、強い興味がなくても気にせずに、今楽しいことを、楽しいようにやっていってほしいなと思いますね。無理して夢を持つ必要はないというか(笑)。

―― 鳥類学者に憧れる子どもたちにも一言お願いします。

川上 体力は大事かもしれませんね。

―― 体力ですか?

川上 職業上、崖を上ったりとかするので。

 去年南硫黄島に調査で行ったんですけれども、周囲が200メートルぐらいの崖で囲まれた島なんです。1カ所だけ登るのが楽ちんな、といっても傾斜が45度以上の谷があるので、まずプロのアルピニストにロープを張ってもらって、それを使いながら、僕らはちょっと楽して登っていくんですけど。

 前の人が登っていくと、足場が崩れて上からバーッと石が落ちてくることがあるので、直前まで落石の進路を見極めてヒョイッとよけるんですけれども、ザイル(ロープ)につながれてるから思いのほかよけづらいとか。そういうちょっとね、楽しいことになっちゃったりするんです(笑)。

 

―― 全然楽しくないです(笑)。

川上 体力は維持しておかないと危険なので、安全に調査ができるよう普段から運動は気をつけていますね。

「鳥」の先生の意外なマイブーム

―― 最後に、先生のマイブームを教えてください。

川上 Netflixとアマゾンプライムです。特にサメ映画が充実していて。上半身がサメで、後ろ半分がタコになってるモンスターが襲いかかってくる「シャークトパス」とか、フランケンシュタインの脳みそを突っ込まれた、非常にはりぼてっぽいサメが襲いかかってくる「フランケンジョーズ」とか。

 あと、トップクラスのアクション俳優のジェイソン・ステイサムが主役のサメ映画「MEG ザ・モンスター」が9月に公開されるんですよ。まさかサメ映画に出るとは、みたいな。サメ映画って基本B級なんですよ。日本ではまず映画館では公開はされず、動画配信とか、レンタルビデオ屋とか、テレビ東京の午後のロードショーだけでやっている。

 そんなサメ映画でありながら、名のある役者さんが主役の、ちゃんとした大作として映画館公開されるというので、すっごく僕は期待しているんです。

 マイブームはサメ映画でいいです、サメ映画。サメ映画でお願いします。

 

この記事の写真(7枚)

+全表示