昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集クイズです

競技クイズの高校日本一決定戦! 「ニュース・博識甲子園」はなぜできたのか?

まるでドラマの筋書きのような奇跡な場面を制したのは……

2018/10/21

頭の柔軟性、ひらめきが問われるような問題

 今年の「高校生クイズ」で優勝したのもまた、桜丘高校だった。メンバーは小林雅也君、東問(ひがし・もん)君、東言(ひがし・ごん)君の2年生トリオだ。

 東兄弟は、競技クイズの世界では強豪として知られている。両者とも鹿児島ラ・サールから桜丘に転校し、「高校生クイズ」優勝を目指した。青春をかけてのチャレンジである。その彼らにとって、新しい「高校生クイズ」は当初想定していたものとは全く違ったはずだ。

「高校生クイズ」は、多少の変遷があるにせよ、基本的には広く深い知識や、学力をベースにした能力を問うてきた。

 しかし今年の「高校生クイズ」からは、その形式が一変した。キャッチフレーズは「地頭力No.1 決定戦」。知識はほとんど必要とされない代わりに、謎解きやパズルなど、頭の柔軟性、ひらめきが問われるような問題が多く出題されるようになった。

 そもそも、「地頭」(じあたま)とは、何か。2018年に出版された『広辞苑』第7版には以下のように記されている。

 じあたま【地頭】

(1)かつらを用いない頭。地髪(じがみ)。

(2)生れつき備わった頭の働き。

 2の意味は、第7版から新たに加えられた。要するに現在の意味で使われる「地頭」とは、平成も半ばになって一般化したものである。

競技クイズ界でも実績のある開成高校 ©文藝春秋

「開成が出てない『高校生クイズ』なんて」

 謎解きやパズルなどをメインとした2018年の「高校生クイズ」では、これまでさほど目立たなかった高校が大きく躍進した。一方で、開成や灘など、伝統的な強豪校の多くが、地方予選の段階で姿を消していた。

「開成が出てない『高校生クイズ』なんて」

 そんな声も耳にした。そうした中で、競技クイズ強豪校の桜丘は勝ち進んだ。全国大会では、以下のようなテーマも出された。

「多くのタイヤをいかに効率よく離れた場所まで運ぶか」

「文房具店で揃えられる道具で、200個の風船を短時間でどれだけ効率よく割れるか」

「5メートルの壁をどのようにして乗り越えるか」

 これらは「地頭力」のみならず、時に現実の体力も試される。

 桜丘のメンバーは、うまく対応した。たとえば風船を割るというテーマに対しては、リモネンという成分が入った接着剤をはがすスプレー(有機溶剤)を風船にかけるという方法を思いついた。日頃つちかった知識がなければ、思いつかないものだろう。そうして、堂々の優勝を果たしている。

 筆者が見た限りでは、今回の「高校生クイズ」に対しては、視聴者からはかなり好意的な意見が多かった。

 一方で、従来の「高校生クイズ」からはかなり離れた方式に、戸惑いの声も少なからず見られた。実際に参加した高校生たちにとっては、賛否両論、といったところだろう。

「高校生クイズ」は大きく変わった。そしてこの先もまた、どんどん変わっていくかもしれない。

 一方で、従来型の競技クイズを愛する高校生が、変わらず活躍できる場所は用意されていてもいいのではないか。

 奇しくも同じ2018年。「ニュース・博識甲子園」はそうした高校生たちのための、新しい舞台となった。