昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“有村架純の恋敵”18歳小野莉奈が語る「女優になりたいってお父さんにいつ言うか問題」

小野莉奈18歳「学校帰りのインタビュー」 #1

担任教師と男子生徒の「禁じられた恋」を描くTBS系ドラマ『中学聖日記』。時には「大人の女性」でもある担任に敵意をむき出しにする15歳を演じているのが、デビューしてまだ1年の小野莉奈さん。いったい、どんな18歳?(全2回の1回目/#2へ続く)

小野莉奈さん。「ちょっとずつ、取材に慣れてきました」

15歳はすでに懐かしいですよ

――今日も『中学聖日記』の撮影だったんですか?

小野 いえ、今日は学校に行ってきました。

――あ、小野さん高校生なんですもんね。

小野 そうです。高3です。

――いま18歳ですが、出演されている『中学聖日記』では15歳の中学3年生・岩崎るな役を演じられています。しかも、有村架純さんが演じる担任教師・末永聖の“恋敵”という役柄。大人の女性に闘いを挑むような、難しそうな役ですよね。

小野 難しいというより、どうしようっていう感じなんです。役をいただいたときに「有村さんと恋敵……。えー!」って思ったくらいで。

 

――15歳という年齢はそんなに遠くないですよね。実際、ちょっと前ですし。

小野 いや、すでに懐かしいですよ(笑)。恋愛観も全然変わりましたし、性格も変わったなあって思います。15歳の頃はもっとキャピキャピしてました。元気ハツラツっていうか。学校を走り回ったりしてて、テンション高めのうるさいほうだったと思います。

――何か、落ち着くきっかけってあったんですか?

小野 このお仕事を始めてから、「今までのようにはいかないんだ」って悟ったのかもしれないです。これまでは子どもの世界で好き勝手に生きてきたから(笑)。