週刊文春 電子版

ますだおかだのコンプレックス

「笑い神 M-1、その純情と狂気」第6回——漫才トップを競う舞台は整った。だが、松竹芸人には不満があった。

中村 計
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 怒っていた。ますだおかだの増田英彦が闘争心をむき出しにする。

「もうケンカしに行ってますよ、あそこに。センターマイクの前に。めっちゃくちゃ怒ってましたね」

 2001年12月25日。ようやく開催にこぎつけたM-1グランプリ決勝は、「漫才番組ではなく、格闘技」だと語った大会委員長、島田紳助の目論見通り、若手漫才師たちの激情の溶鉱炉と化していた。

 ますだおかだは8番目に登場した。そして増田は冒頭、肩をいからせながら言った。

「松竹芸能のますだおかだです!」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる