週刊文春 電子版

たった一人のライバル 2

短期集中連載 ジュリーがいた

島﨑 今日子
エンタメ 芸能

 スターが本格的な演劇に取り組むことがステータスになる、15年以上前。彼は演劇界の寵児たちに見初められ、アングラの極北ともいえる舞台に立っていた――。

 

(しまざききょうこ 1954年、京都市生まれ。ノンフィクションライター。著書に『森瑤子の帽子』『安井かずみがいた時代』『この国で女であるということ』『だからここにいる』などがある。)

 60年代から70年代は、さまざまな分野で既存の価値観を書き換える地殻変動が起こっていた。時代のアイコンとなったジュリーとショーケンには、新しい表現を求める映画監督や演出家、脚本家や写真家など多くのクリエイターからラブコールが殺到する。視覚的な演出で世界から喝采を浴びた演出家、蜷川幸雄も2人と交わったひとりであった。

 蜷川のエッセイに、「ジュリー」というタイトルの一文がある。1985年、沢田研二が渡辺プロダクションから離れて個人事務所ココロを設立した時、1年ぶりに開くコンサートの演出を託された演出家が、その頃に土曜日の日経新聞第二部に寄稿したものだ。ここで蜷川は、沢田との出会いを12、3年前、帝国ホテルの横を歩いていて旧知のショーケンと一緒のジュリーと出くわし、3人でホテルのカフェに入ってお茶を飲んだ時、と書いた。

〈ジュリーは一言もしゃべらなかった。ショーケンだけが映画の話や演技の話をした。ショーケンは立上ると通路で演技をやってみせたりした。ジュリーはぼくらの会話に加わらなかった。彼は黙ってコミック雑誌を読んでいるだけだった。その表情から、ぼくらの話が聞えているのかどうか、判断することはできなかった〉(85年8月3日「日経新聞」)

 蜷川との出会いは、沢田より萩原健一の方がうんと早かった。69年、まだ19歳の萩原は、演出家になったばかりの蜷川と邂逅する。ザ・テンプターズ時代の一時を共に暮らした江波杏子と蜷川の妻、真山知子(蜷川宏子)が映画で共演して仲よくなり、その縁で15歳年上の蜷川を慕い、友だちになったのだ。互いの家を訪ね、互いのステージや舞台へ足を運んだ。

 蜷川の自伝『千のナイフ、千の目(まなざし)』には、萩原が登場する。夜中の2時や3時に電話をかけてきた彼に「面白いレコードがあるんだよ。聴いてよ」と受話器から流れるロックを聴かされ、「金子光晴ってどういう人? ランボーってどういう人?」と質問され、「蜷川さんて、なんでも知ってるんだなあ」と感心される時間が、劇団設立時と一番苦しかった日々に織り込みながら綴られている。

ショーケンの“教育の場”

 唐十郎の「状況劇場」、鈴木忠志、別役実の「早稲田小劇場」、寺山修司の「天井桟敷」、佐藤信の「黒テント」、蜷川幸雄の「現代人劇場」など60年代に台頭したアングラ劇団は既存の新劇への異議申し立てが旗印で、社会の動きと連動していた。「状況劇場」や「現代人劇場」などは上演中にパトカーや機動隊が出動することも、珍しくなかった。

 蜷川が脚本家の清水邦夫や俳優の石橋蓮司、蟹江敬三らと68年に創立した「現代人劇場」と、その後身の「櫻社」は全共闘運動に並走する急進的な作品を上演して、大きな反響を呼ぶ。芝居がアジテーションだった。稽古場には各セクトのヘルメットが転がり、稽古が終わればスタッフも俳優も街に流れてデモに参加、闘争のど真ん中に突っ込んでいった者もいた。72年、「連合赤軍事件を自分たちにもあり得たこととして背負う」として殺された14人を悼み、梶井基次郎の『櫻の樹の下には』から名付けられた「櫻社」は、旗揚げしてすぐに終わりを迎える。闘争の季節は終わっていた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

文春リークス
閉じる