週刊文春 電子版

車いすバスケを含むスポーツが文化として社会に根付いている。ドイツに来て、そう感じます。|香西宏昭

新・家の履歴書 第765回

稲泉 連
ライフ ライフスタイル

(こうざいひろあき プロ車いすバスケットボール選手。1988年生まれ。千葉県出身。12歳で車いすバスケットボールに出会い高校卒業後、2010年にイリノイ大学に編入。卒業後の13年、独でプロ契約を結ぶ。08年よりパラリンピック代表選手として出場し21年の東京大会で銀メダル獲得。現在は独リーグ・ランディルに所属。)

 

 アメリカとの決勝戦まで進んだ東京パラリンピックは、僕にとってまるで豪華な「同窓会」のようでした。

 高校を卒業した後、留学したイリノイ大学のチームのメンバー、大学のリーグ戦で対戦していたライバル校の選手たち……。今も一緒に戦っているドイツやヨーロッパの選手とも、あの日本のコートで再会できたのですから。

 東京パラリンピックで銀メダルを獲得した車いすバスケットボールの日本代表。そのチームの中心にいた香西宏昭さんは、現在、プロ契約選手としてドイツ「ブンデスリーガ」のチーム「RSV Lahn-Dill」(ランディル)に所属している。先天性両下肢欠損という障がいを持つ香西さんが、このスポーツに出会ったのは2000年、千葉県に暮らしていた小学6年生のときだった。

 僕は1988年に神奈川県茅ヶ崎市に生まれ、3歳の時から千葉市で育ちました。

 両親と姉、僕の4人暮らし。同じマンションに暮らす同年代の友達といつも遊んでいましたね。

 子供の頃から球技が好きだったのですが、特に夢中になったのが野球でした。夜になると、いつも父とテレビの前でプロ野球を観ながら、「次はこのボールかな」「ここはヒットエンドランかもしれない」などと試合の展開を予想し合っていたものです。

 とりわけ自分にとってのヒーローが松井秀喜さんです。ホームランを打っても、調子が悪い時でも、淡々と同じ調子でインタビューを受ける風格ある姿がカッコよくて。だから、日本代表の背番号も僕は「55」を付けているんですよ。

 野球は友達ともよく一緒にやりました。集まって試合をするときは、誰もが楽しめるようなルールをみんなで一緒に考えて作りました。

 例えば、前日の雨で校庭がぬかるんでいると、車いすでは1塁にうまく走れない。そんなときは、僕の打順になると代わりに誰かが1塁に走ってくれる。あるいは、ドッジボールで車いすに当たるのはセーフ、サッカーは僕だけ手を使ってもいい――とか。何をするにしても、一緒に工夫してルールをちょっと変えたりしながら、遊んだり授業を受けたりという感じだったんですね。

車いすを巧みに操り競技する大人の選手たちが輝いて見えた

 小学6年生の時、母が地域のチラシで見つけたのが、車いすバスケットボールのクラブチーム・千葉ホークスが主宰する体験教室でした。

 初めて競技用の車いすに乗ったときは、本当に面白いと思いましたよ。何しろ普段使っている車いすよりもずっと軽くて、くるくる回ったり、速く走れたりする。

 そして、その車いすを巧みに操って競技をしている大人の選手たちが、とても輝いて見えたんです。

 年明けから、僕はチームの練習に参加させてもらえることになりました。東京パラリンピックの監督で、僕の恩師の及川晋平さんと出会ったのもこのときです。

 今から振り返ると、小学生の頃からクラブチームに入れてもらったことは、自分のキャリアにとって本当に大きかったと思います。

 日本では障がいのある子どもは部活に参加しにくく、同世代で集まる車いすバスケのクラブチームもありません。子供がいきなり大人ばかりのクラブチームに入るには、やっぱり高いハードルがあります。そのなかで、家から通える距離にあるチームの人たちから「おいでよ」と誘ってもらえたのは、とても幸運なことだったんです。

 中学時代からチームで活躍し始めた香西さんは、1年生の時に参加したキャンプで大きな出会いを得る。2004年に千葉市の地元の高校に入学後も、車いすバスケに没頭した。2005年には「日本車いすバスケットボール選手権大会」でチーム優勝を遂げ、イリノイ大学へ進学することを決意した。

 2001年に札幌で行われたキャンプで、当時、イリノイ大学のヘッドコーチを務めていたマイク・フログリーさんから、直接指導を受けたことがあったんです。それで、彼からメールで「イリノイ大学に来ないか?」と何度か誘われていました。

 ただ、英語も喋れないのに、いきなり親元を離れて異国の地に渡るのはやっぱり不安で……。

 そんななか、僕の背中を押してくれたのが及川さんでした。彼に相談して対話をするうちに、「行きたい」という自分の気持ちを再確認したというか。確かに恐怖心や不安感はあるけれど、イリノイ大学に行けば、選手としても人としてもきっと成長できる。頭の中では分かっていても、なかなか踏ん切りがつかなかった僕の気持ちを、及川さんが引き出してくれたように感じました。

 アメリカでの暮らしはキャンパスの近くのアパートの一室、3ベッドルームの部屋を大学チームの選手たちとシェアする形で始まりました。

 僕はそこで2年間、練習に参加しながら語学学校に通ったのですが、チームの方でもマイクコーチが「早く英語が上達するよう、みんなたくさん話しかけて」と言ってくれた。おかげで2年半後の2010年1月には無事、イリノイ大学に編入できました。

 編入後は東京パラリンピック陸上にも出ていたアーロン・パイク選手に誘われ、キャンパスの反対側にある別のアパートに引っ越しました。ここでも4LDKの部屋を4人でシェアしました。

イラストレーション 市川興一/いしいつとむ

 この年は大学選手権にも優勝しましたし、すっかり仲良くなった仲間との暮らしは本当に楽しかった。

 家の中でテレビゲームをしたり、大きなバーベキューグリルでステーキやピザを焼いたり。あと、誰かが買ってきた大きなテーブルサッカーがあって、ぶん回して遊んだり――。両親が初めて大学を見に来たのもこの家で、思い出がいっぱい詰まっています。

 僕はそこに卒業までいたのですが、アメリカでの3年間で印象的だったのは、やはり車いすでの生活のしやすさですね。

 アメリカは障がい者に関する法律がしっかりしていて、1階部分であればバリアフリーではないアパートはありません。駐車場も車いす用が必ずあって、トイレも「健常者」と「障がい者」が区別なく利用できる設備が多い。

 これまで僕は日本、アメリカ、ドイツで暮らしてきましたが、車いすでの生活に全く心配がなかったのがアメリカでした。最近は「インクルーシヴな社会」というものがよく謳われますが、本当の意味のインクルーシヴとは、自分に障がいがあることを忘れられるような社会だと思います。それに近いものがアメリカにはあったように思います。

 アメリカでの滞在中、大学選手権で2度のMVPに輝き、4年時にはキャプテンも務めた。また、編入前の2008年には、北京大会で初めてパラリンピックにも出場している。そんななか、香西さんは大学卒業後の進路を「ドイツでのプロ契約」に求めた。

 最初は不安でいっぱいだった僕が、卒業の頃には車いすバスケの盛んなヨーロッパに渡ることが当然だと思っていた。それだけアメリカでの時間は、自分を成長させたのだと思います。

 ドイツには「ブンデスリーガ」という車いすバスケットのリーグがあり、各チームが何人かの外国人選手とプロ契約をしているんです。それで僕が知人の紹介もあって入ったのが「BGバスケッツハンブルク」でした。

 労災病院がスポンサーをしているチームで、外国人選手には病院の敷地内にある滞在施設の一室が貸与されていました。患者さんをサポートする家族や、脊髄損傷や手や足を失った人たちが社会復帰する準備段階で暮らす部屋だと聞きました。

 間取りはベッドルームのある1LDK。キッチンの高さが車いす用に低く作られていて、とても使い勝手のいい部屋でしたね。病院の食堂も使えるので、お医者さんや看護師さんとよく一緒に食事をしたものです。

パラリンピック東京大会で、はじめて「勝ち進んでいくチーム」を経験した

 ドイツに来て感じたのは、車いすバスケットボールを含むスポーツが文化として社会の中に深く根付いていることです。

 地域でスポーツをする人の目的は本来、とても多様なものですよね。トップを目指す人がいれば、趣味や健康のためにする人、仲間に会えるのが楽しいという人もいる。

 ドイツの車いすバスケットボールリーグも実は5部まであって、楽しむ目的に応じたチームが裾野まで広がっているんです。様々な目的に合った選択肢が車いすバスケットボールの世界にもあることが、ドイツの特色であり、素晴らしさだと思います。

 ハンブルクの一員となった3年後の2016年、香西さんは自身3度目となるリオパラリンピックに出場。だが、リーグ戦敗退という結果だけではなく、自らのプレーの不甲斐なさに悔しさを覚えた。その後は東京パラリンピックに向けて、全てのトレーニングや練習方法を見直した。2017年にはチームも強豪の「ランディル」に移籍した。

 2013年に東京開催が決まったときは、「本当に日本でパラリンピックができるんだろうか」と思いました。前年のロンドンパラリンピックは会場のサポートも素晴しく、満員の会場では自然と手拍子が始まるような盛り上がりでしたから。

 ただ、リオ大会の後の僕は「東京」について考えるどころではなかったです。とにかく自分のプレーが悔しくて、次は代表に選ばれるかどうか――と自信も失っていました。

 とにかくこのままではいけない。心技体の全てを変えなければダメだと思い、根本から練習メニューを見直し、メンタルトレーナーの指導も受けることにしました。ドイツで所属していたハンブルクから強豪チームのランディルへの移籍も、より厳しい環境が必要と感じたからです。

 リオ後、日本代表は監督の及川さんのもとで、攻守の切り替えのスピードで勝負する「トランジションバスケ」の戦略を取り入れていきました。そのための練習を普段から繰り返し、成功体験を積み重ねようと必死に練習を続けていきました。

 そんななかで新型コロナウイルスの流行があり、様々な大会がキャンセルになりました。これまで「当たり前」と思っていたことが、当たり前ではなかったのだと僕らは知った。だからこそ、1年の延期の後に東京パラリンピックが開催されたときは、感謝の気持ちで一杯でした。コロナ禍で無観客だったとはいえ、目標に向かって挑戦できる場を戴けたのですから。

 この大会で、僕ら日本代表は初めて「勝ち進んでいくチーム」として、パラリンピックという大きな舞台を戦うことができました。

「負けていくチーム」は試合をすればするほど、どうしても落ち込んでいってしまうところがあります。一方で勝ち上がっていくチームにいると、各々の選手の「オン」と「オフ」の切り替えが上手になっていくものなんです。

 試合になると一気に集中して、終わればリラックスする。そのメリハリの中で、大会の流れに乗って決勝まで進んでいったような感じがありましたね。

 そして、僕らの車いすバスケットボールが、勝ち進むほどに対戦チームから認められ、「俺たちの分まで頑張ってくれ」と背中を押される。たくさんのボランティアの方々、テレビで見てくれた多くの人たちにも支えられながら、最後にアメリカと金メダルをかけた試合ができたのは本当に光栄でした。

 東京パラリンピックの後、香西さんは再びドイツへ戻り、リーグ戦を戦っている。所属チームのランディルの拠点はヴェツラーという町で、その隣町にアパートを借りて暮らしている。

 ヴェツラーはフランクフルトから70キロくらい離れた小さな町で、カメラのライカの本社があります。車でちょっと走れば自然も豊かですし、歴史を感じさせる美しい町ですね。

 所属先のランディルではスポンサーのカーディーラーから車が貸与されているので、ときどきフランクフルトにも遊びに出かけます。日本食レストランや行きつけの美容院、アジアマーケットなど、ぶらぶらとお店を巡るのは月に一度くらいの楽しみです。

 僕が住んでいるアパートも、チームが隣町に借りてくれているんです。

 部屋は1LDKですが、60平米くらいはあって広い。上の階にいくエレベーターもついています。ただ、ドイツの家はどこもドアがめちゃくちゃ重くて、荷物を抱えながら開けるのが大変だったりするのですが。

 アメリカと比べると、車いすで生活する上でのハード面はドイツも日本とあまり変わりません。地下にあるお店も多いですし、古い街並みの石畳を移動するのにもちょっとした苦労があります。

 でも、一方で助けてくれる人、声をかけてくれる人がとても多いのが有難いですね。公共交通機関のバスに乗ると、乗客の人たちがスロープを出して、一緒に降りる人がさり気なく手伝ってくれる。困った時は周囲の人たちが、とても自然にサポートしてくれる雰囲気があります。その雰囲気はアメリカにも日本にもないものだと感じます。

 ドイツのリーグに参戦していると、この国では「スポーツ」と「地域」が本当に強く結びついているな、と感じます。例えば、ドイツに来て感動したのは、地方の試合での応援の大きさでした。ハンブルクのような都会ではそうでもないのですが、地方の町での試合には実に多くのファンが会場に詰めかけます。それこそランディルのホームでは、大事な試合になれば2、3千人の観客で立ち見席も満杯になります。

 会場のショーアップも凝っていて、入場の時にスモークを焚いたり、暗転してスポットライトで選手紹介をしたりと、演出がしっかりしているんです。また、試合中は太鼓やラッパの音が鳴り響き、シュートを決めたときにわっと歓声が上がる。何より勝つと地元のファンの人たちが本当に喜んでくれます。

 町を移動していると、「この前の試合、見に行ったよ」と声をかけられることもよくあります。そんなとき、町の人たちがランディルのことを、「自分たちのチーム」と思っている様子が伝わってくるんです。

 そうした環境に身を置いて車いすバスケットボールができるのは、本当に選手冥利に尽きますね。

 

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる