昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フジ久代萌美アナが語る結婚願望「ひとりでご飯を作っても寂しいので」

テレビっ子・フジ久代萌美アナ インタビュー#3

「ディープパープルやX JAPANを聴いていました」

―― 音楽はどういうものが好きだったんですか。

久代 ディープパープルとか、X JAPANさんとか、ちょっと激しいロックテイストのものが好きでした。X JAPANさんは、さすがに難しくて演奏できなかったんですけど、やりたいという憧れはすごくて、何回か挑戦したことはあるんです。

―― そもそも何故ドラムだったんですか?

久代 父も母もバンドをやっていたので家族みんな音楽が好きだったんですよ。父と母がギターで、兄がベースだったので、余っていたのがドラムで(笑)。

 

今やフジテレビ随一のテレビっ子に

―― テレビを自由に見られるようになったのは、いつ頃からでしょう。

久代 本当に自由になったのは入社してからだと思います。ドラマは中学、高校のときも、録画だったりとか再放送で何本かは見ていたんですけど、たくさん見るようになったのは入社してからですね。

―― それは勉強のために見ているという感じなんですか。

久代 いや、もういくらでもテレビを見ていいよという環境に置かれた喜びと共に反動で(笑)。会社に行くとオンエアをチェックするためのテレビがあって、「ずっと久代、そこで見てるなあ」みたいな。会社にいて収録がないときは、けっこうな確率でそこでドラマを見てます(笑)。特等席みたいな感じで。

 

―― フジテレビ随一のテレビっ子かもしれませんね。

久代 そうかもしれないです、今となったら。

―― ご自宅ではどんな風に録画しているんですか?

久代 ドラマはもう全部録画してます。枠で録画予約しているので、シーズンが終わって作品が変わっても録画されてます。バラエティは、(明石家)さんまさんが出ているもの、ダウンタウンさんが出ているものとか、共演者さんの番組は優先的にしてという感じですかね。