昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フジ久代萌美アナが語る結婚願望「ひとりでご飯を作っても寂しいので」

テレビっ子・フジ久代萌美アナ インタビュー#3

男性アイドルを好きと言っちゃいけない雰囲気

―― 子供の頃、好きなタレントさんやアイドルはいました?

久代 夏休みのお昼の『キッズ・ウォー』は見ることができたので、井上真央さん、すごく好きでした。小学4年生役だったんですけど、私も当時4年生。同じ学年だったので、すごい親しみを持って見てました。そんな井上真央さんが大きくなって『花より男子』に出て。同じ年月を経て高校に入って、同じ風に成長してきたんだなって。

―― 男性アイドルとかを好きになったりは、しなかったんですか。

久代 男性アイドルもそれこそ母が厳しくて。アイドルが好きとか言っちゃいけない雰囲気があったんです。ホントはすごく好きだったんですけど、あんまり見せてくれなくて。

 

「ひとりでご飯を作っても寂しいので結婚願望ありますよ」

――女性アナウンサーだと、どうしても恋愛のことを注目されるじゃないですか。そういうことでもキラキラしたいみたいなのはありますか。

久代 そりゃあ、女子なので、ずっとキラキラしたいですけど。でも、けっこう自由に生きています(笑)。

―― 結婚願望はあるんですか。

久代 結婚願望ありますよ。私、料理が趣味なので、ひとりですごいご飯を作っていると、なんか寂しくなるんです。何でひとりで食べているんだろうって(笑)。大家族でいっぱい子供もいて、みんなのために作りたいなといつも思います。

 

―― 家族に料理を作りたい。

久代 はい。肉まんも皮から作ります。けっこうこだわると、とまらないタイプなんです。やっぱり理系出身だからか、粉物とかしっかり計量して混ぜて調理するのがすごく好きなんです。パスタとかも粉から作ったりとか。

―― え、パスタマシンも持っているんですか。

久代 持ってますよ。いきなり、うどんを打ち始めたりとかしてます(笑)。

 

写真=深野未季/文藝春秋

#1 フジ久代萌美アナが明かす「テレ朝に入りたかった」発言の真相
http://bunshun.jp/articles/-/10441
#2『向上委員会』久代萌美アナ「さんまさんはずっと私を見てくれている」
http://bunshun.jp/articles/-/10443

くしろ・もえみ/フジテレビ・アナウンサー。1989年生まれ、東京都出身。2012年フジテレビ入社。現在の担当番組に『さんまのお笑い向上委員会』、『ワイドナショー』、『S-PARK』内ニュースなど。

この記事の写真(12枚)

+全表示