昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

かつて”不治の病”だった白血病のいま 血液内科医が解説する最新治療方法

池江璃花子選手のニュースで関心を持った方は、まず「骨髄バンク」への登録を

2019/02/23

 水泳・池江璃花子選手が白血病であることを公表して11日。その衝撃は日本中を震撼させている。

 そもそも白血病は、古くからテレビドラマなどで「不治の病」の代表格として扱われてきたことから、いまも多くの人が、その病名を聞いただけで恐怖を感じるようだ。

リオ五輪にも出場した池江璃花子 ©JMPA

 しかし、近年の医学の進歩は目覚ましく、有効な治療法が開発されている。決して甘く見ることはできないが、不必要に恐れることもない。そのためにも正しい知識を持ってほしい。

日本では3つのタイプの白血病が大半を占める

 白血病は大きく「骨髄性」と「リンパ性」の2つに分類される。それぞれに「急性」と「慢性」の2種類がある。つまり、4つのグループがあるのだ。

 その内訳を順天堂大学医学部附属順天堂医院血液内科主任教授の小松則夫医師に聞いた。

「もっとも多い急性骨髄性白血病が10万人当たり5~6人。次いで急性リンパ性白血病が10万人あたり1~2人。慢性骨髄性白血病はさらに少なく10~20万人に1人程度とされ、慢性リンパ性白血病は、日本ではきわめて少ない。つまり、日本では慢性リンパ性白血病を除く3つのタイプの白血病が大半を占めると考えていいでしょう」

小松則夫医師

 池江選手の病気がこの中のどのタイプなのかは発表されていないが、過去に白血病になった著名人では、女優の夏目雅子さんや歌手の本田美奈子.さんが急性骨髄性白血病に、歌舞伎役者の市川團十郎さんが急性前骨髄球性白血病という急性骨髄性白血病の一種に分類される病気にかかっている。

 この3人は残念ながら命を落としたが、2000年に急性骨髄性白血病を発症した女優の吉井怜さんは、治療が成功して現在は仕事に復帰している。

白血病になると「白血球をつくる細胞」ががん化する

 そもそも白血病とはどんな病気なのか。よく「血液のがん」と表現されるが、それとて一般の人には理解しにくい。言い換えれば、説明の難しさが、この病気を必要以上に恐ろしい存在に仕立てていると言えるかもしれない。

 血液は骨の内部にある「骨髄」という場所で作られているのだが、白血病になると、血液成分のうち「白血球をつくる細胞」ががん化し、際限なく増え続けるようになる。