昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

BUMP OF CHICKENは「野生のブッダ」? 『天体観測』には仏教のすべてがあった

この名曲は「悟りを目指す物語」なのではないか

2019/03/24

genre : エンタメ, 音楽

 そう思えば、1番や2番のAメロやBメロは、見ようとしても見れない、知ろうとしても知れない「迷う姿」として描かれているように感じられる。

(1番)
〈深い闇に飲まれないように 精一杯だった
 君の震える手を 握ろうとした あの日は〉

 これは「なぜ雨が降ってしまったのか?」という思い通りにならない現実に対する苛立ち、さらには「なぜ僕は君の手を握ることができなかったのか?」という過去に対する執着を表現している。

(2番)
〈気が付けばいつだって ひたすら何か探している
 幸せの定義とか 哀しみの置き場とか〉

 具体的表現が多い歌詞の中で、ここだけかなり抽象的な言葉が使われているのが印象的だ。これは大人になるにつれて覚えていった、思い込みや固定観念を表現するため、あえて仰々しい言葉を選んでいるのではないだろうか。

望遠鏡を覗く行為とは「禅」なのではないだろうか

 こうしたAメロBメロの「迷い」がサビの「望遠鏡」で解き放たれていくのである。

©iStock.com

 そんな迷いの世界で「今」と「自分」を見つめ直し、本当の「時間」のあり方、本当の「自分」のあり方を見つけようとする行為を、この世に存在する言葉で表現するなら、たった一つしか僕は持ち合わせていない。

 「禅」である。望遠鏡を覗く行為とは「禅」なのではないだろうか。

(1番)
〈見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ
 静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ〉

 ここでは、心を空っぽにしようとすればするほど、自分の心が煩悩に溢れていることに気づいていく様子を「静寂を切り裂いて生まれる声」という言葉で表現している。

(2番)
〈知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ
 暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ〉

 思い込みや固定観念にとらわれて、知った気になっていた自分自身の心を見つめ直していく様子が「暗闇を照らす光」として表現されている。ちなみに、仏教では知った気になったような無知な状態を「無明」といい、「暗闇」とのイメージのリンクが垣間見える。

(3番)
〈見えているモノを 見落として 望遠鏡をまた担いで
 静寂と暗闇の帰り道を 駆け抜けた〉

 3番では、見えているものが見えなくなって、再び禅を行う姿が描かれる。1番2番の煩悩めいた過去の姿が「静寂と暗闇の帰り道」として表現され、そんな過去の痛みも、「今」を見つめるためのきっかけに変えていこうとする姿勢が見られる。

 そして、何度も禅行を繰り返し、最後のサビで「僕」はやっとたどり着くのである。

〈始めようか 天体観測 二分後に君が来なくとも
「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけている〉

 君がいないのに君と二人でほうき星を探す行為である。