昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載『めちゃイケ』、その青春の光と影

「岡村さん、『めちゃイケ』…終わります」 片岡飛鳥が“22年間の最後”を決意した日

フジテレビ・片岡飛鳥 独占ロングインタビュー#2

 フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第2回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の2回目/#1#3#4 、#5#6#7#8#9#10#11公開中)

◆◆◆

岡村は最後の「オファー」だと思っていなかった

<2016年に『めちゃイケ』の“宿題”だった山本圭壱との再会も果たし、「思い残すことがない」と感じた片岡飛鳥は遂に『めちゃイケ』のエンディングに向けて動き出した(→#1)
『めちゃイケ』の終わり方は会社(編成)の意向ではなく、片岡飛鳥自身からの申し出だったという。そして始まったのが「終活」ならぬ「シュウ活」だった。>

 2016年から『めちゃイケ』のエンディングを意識し始めたんですけど、これはシークレットで進めるものですから、自分の頭の中だけで考えてたんです。でも、たったひとりだけ相談した人がいて、『とぶくすり』時代から一緒にやってきたチーフ作家の伊藤正宏さん(※1)。数少ない僕よりも年上のスタッフなんです。実は最近こんな風に考えているんだって言ったら、伊藤さんもびっくりしながらも受け止めてくれて。で、2人だけの極秘会議で「番組は生き物だから」って前提で話しているうちに“終活”なんだよな、これはと。でも死ぬっていうゴールを目指す“終活”ではなくて面白い「シュウ活」にしなきゃいけない。それならこういうイメージで……というのを半年間くらい話し合って、形が見えてから編成のトップにだけ、Xデーの演出として説明を済ませました。

 なぜXデーかというとエンディングに向けたスタートがどのタイミングになるかがとても大切だったんです。視聴率も内容も含めて、なんとなく元気がないように見える『めちゃイケ』が「シュウ活します」というのは誰が見ても想定内ですよね。だからこそ、秋にやった岡村隆史の「オファーシリーズ」(2017年10月14日放送「第15弾 三浦大知とダンス編」)が残り半年のエピソード・ゼロになったんです。もちろん岡村自身は最後のオファーになるとは思っていませんでした。

フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏

「やっぱり『めちゃイケ』面白い!」が大事な条件

 ずっと人気企画と言っていただいていたオファーシリーズは、僕と岡村が若い頃から向き合ってきた企画。でも岡村の長期休養や僕の人事異動もあって2008年の秋にやったテニス(2008年10月4日放送「第12弾 松岡修造とテニス編」)を最後に僕は演出から手を引いていたんです。でも、もう一回、大人のタレントと大人のディレクターとしてやろうって。岡村からしたら、久しぶりに僕がオファーシリーズに戻ってきたと思っていたでしょうし、僕もいろいろ昔を思い出しつつ、お互いちょっと興奮してましたね。だから、収録も楽しかった。それに、何より大知くんとか周りのダンサーが『めちゃイケ』世代ど真ん中で、リオ五輪の閉会式で踊るような超一流の人たちがオファーシリーズに出ることを心から喜んでくれた。もう現場のムードが最高に良かったんです。番組を長く続けているとこういうギフトもあるんだなあって思いました。

三浦大知のヒット曲「(RE)PLAY」でブレイクダンス、ロックダンス、ポップダンスのすべてを奇跡的に踊り切った岡村 ©フジテレビ

 これは見る側も同じで『めちゃイケ』を昔から好きだった人たちが「やっぱり『めちゃイケ』面白い!」とか「岡村、今でもすごいじゃん!」と感じられることが「シュウ活」をスタートするための大事な条件だと思っていたんです。だから、それが叶えば世間に「シュウ活」を発表しようという思いがあったので、もし思わぬ事故で怪我したり、ダンスを失敗して不本意な出来だったとか、そういうことが起きてたら「やっぱり、このタイミングじゃないな」と思い直したかもしれないですね。

岡村の左手がリオ五輪の閉会式に登場した世界的ダンサーShingo Okamoto ©フジテレビ