昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“安倍新喜劇” の翌日、「自民党が沖縄と大阪の補選で敗北した」本当の理由?

首相動静に「大阪・難波の劇場『なんばグランド花月』」

2019/04/26

もし昔も今も「真摯」で「タガが緩んでいなかったら」?

 日経の社説タイトルは「衆院補選2敗の重みをわかっているか」で《安倍1強とおだてられ、慢心はなかったか。》と書いた(4月22日)。

 ここでも「慢心」がきました。

 各紙終盤では、

《首相が真摯な姿勢で政策を遂行できるかが問われる。》(読売)

《タガを締め直す強い指導力が求められる。》(産経)

 と書いた。

 つまり、読売と産経は政権に「もっとシャキッとしろ」と説教しているのだ。「油断するな」と。

安倍晋三 ©文藝春秋

 しかし思うのだけど、もし政権側が昔も今も「真摯」で「タガが緩んでいなかったら」どうするのだろう。

 その証拠に安倍首相は事あるごとに「真摯に」とおっしゃるではないか。それを言葉が軽いと批判する人もいるが、本人たちが本当に「真摯に」と思ってやった結果が今現在という、そっちの可能性も考えてみる必要はないか。そのギョッとする可能性を。