昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集私が令和に語り継ぎたい「平成の名言」

2019/05/02

「魂みたいなものは向こうに置いてきた」に続いて語っていたこと

 失意にあるときこそ人は試される。カズの言葉はそう教えてくれる。そして彼は会見でこう続けていた。

「(落選を)自分で納得すべきではない。サッカー、それに自分の人生もそうだが、まだやり残していることがある。まだ日本代表の道も残っている」

 自分の戦いが新たに始まるという決意。苦い経験で片づけず、発奮材料とする。銀髪は次のチャレンジに向けた決意表明だと思えた。

 カズ落選はその後、日本サッカー協会を動かした。大会直前にふるい落とすワールドカップのメンバー選考をあらためた。メンバーを固めて、チーム力を高めていくことに、よりウエイトが置かれるようになったのだ。

岡田武史元日本代表監督と談笑するカズ。2007年のクラブW杯のスタンドで ©共同通信社

 カズは今もカズである。

 あれから20年以上が過ぎ、52歳にして今なお現役であり続けるのも、失意のたびに自分を奮い立たせてきたからであろう。

52歳の今も現役。自身がもつ「50歳での世界最年長ゴール記録」の更新を狙う ©文藝春秋

 そのマインドは、カズに憧れてきた選手にも影響を及ぼしている。その一人、中村俊輔は、やはり2002年の日韓ワールドカップでメンバーから漏れると「気持ちをすぐに切り替えて」夏のセリエA挑戦に踏み切り、その後日本代表の「10番」として長く定着している。悲劇を「点」にして、反骨を「線」とする。このように、カズの姿勢から学んだフットボーラーは少なくない。

 今や日本代表にとってワールドカップは夢から現実の舞台になった。カズの誇り、魂は今もなおエンブレムに、サムライブルーのユニフォームに染み込んでいる。その名言と、ともに。

©文藝春秋