昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

USJをV字回復させたマーケターが、就活に悩む娘に向けて書いたこと

森岡毅――この人のスケジュール表

2019/05/28

 低迷していたユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させたマーケター・森岡毅さんが『苦しかったときの話をしようか』を出版した。

森岡毅さん

「もともと、就活に悩む娘に向けて書いたもので、世に出すつもりはなかったんです。しかし、娘と同じような人に勇気を与えられればと思って本にすることにしました」

 本書で語られるのは、就活や転職などキャリアを考えるうえで大切にしたいこと。また、人生をどうデザインしていくかという「セルフブランディング」についてマーケターの視点からアドバイスする。

「人生は勝ち続けた人が成功するのではありません。勝ったり負けたりしながらも、そのなかで成長し続けることのできた人だけが目的に一歩ずつ近づいていける。長いマラソンなので、しんどくなったらピットインする。そしてまた歩き出せばいいんです」

 大切なのは、負けても前に進めるような「好きなこと」を見つけることだと説く。

「私は戦略を考えて世の中を変えることが好きです。好きなことだから負けても前に踏み出すことができた。よって、好きなものを発見する必要があるのです。キャリアの成功者は『発見の成功者』です」

 本書には、森岡さんが挫折した話も多く紹介されている。

「かつて勤めていたP&Gで、失敗するとわかっているプロジェクトに部下を巻き込んでしまったことがあります。そこからどう立ち直ったのか。会社組織で悩む人たちのヒントにもなればうれしいです」

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー