昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新天皇と雅子さまに「どのような感じをもっていますか」――日本人が皇室に抱く“好感”と“無感情”のサイクルとは

2019/06/09

genre : ニュース, 社会

 5月1日、皇太子徳仁親王が天皇に即位、元号が令和となった。5月4日に実施された即位一般参賀では、14万人ほどの人々が皇居を訪れ、1990年11月に実施された平成の即位を祝う参賀の約11万人を超えたという(「朝日新聞」2019年5月5日)。

天皇皇后両陛下 ©文藝春秋

 5月27日には、令和初めての国賓として来日したアメリカのトランプ大統領を招いた宮中晩餐会が開催された。そこでトランプ大統領夫妻に接する新天皇夫妻の姿勢が話題となった。多くの場面で通訳を介さず英語で話す二人(特に雅子皇后)の姿が、マスメディアからも好意的に評価され、人々にも受け入れられた。

トランプ大統領夫妻と天皇皇后両陛下 宮内庁提供

雅子さまの笑顔 たしかに自信に満ちているように

「令和になっての雅子さまは威風堂々、自信を持って行動しているように見える」(「AERA」2019年6月10日号)との評価に見られるように、全国赤十字大会や全国植樹祭に伴う愛知県訪問など、雅子皇后はこれまで以上に積極的に公務を担っている。また、その顔は笑顔で、たしかに自信に満ちているようにも見える。2004年6月に適応障害の診断を受け、その後の療養期間は公務を休むことも多く、未だ療養中であるため、令和となってからも欠席の可能性はあった。

国土緑化運動・育樹運動ポスター原画コンクール等の入賞者と話される天皇皇后両陛下 ©JMPA

 しかし、皇后となってからは今のところ、むしろ積極的に公務を担っており、雅子皇后の病状は落ち着いているように見える。徳仁天皇とともに公務を行うその姿は、すでに「令和流」とも呼ばれ、その一挙手一投足が報じられている。即位前後、天皇・皇后と上皇・上皇后との「二重権威」が心配されていたが、今のところ、そのような状況は生まれていない。